ありがとうありがとう

無事、手術が終りました。



心臓を停止させ、人工心肺による手術でした。

80歳という高齢にも関わらず、術後、大おかみの心臓は
力強く鼓動を取り戻し、眠りから覚めるのを待つ眠り姫となって
たくさんの医療スタッフをかしづかせています。
脈、血圧、その他すべて正常。

回復センターにいるので、わずかな時間しか面会できませんでしたが
「おつかれさま、うまいこといったんだよ。よかったね!」
と声をかけ、触れても良いとのお許しを頂いたので手を握りました。



温かかった。
感動してしまった。



励ましの言葉を下さった皆さん、本当に本当にありがとう。

皆さんからパワーをたくさん頂いたこと
目が覚めた大おかみにも必ず伝えます。




何も写真がないのもさみしいので、番頭さんからもご挨拶を。




e0197895_18564264.jpg
「ア〜リガットサ〜〜〜ン♪」

…スミマセン、今後は正しいニホンゴ教育に精を出そうと思います。



あぁ本当に、本当に、本当に
ありがとう!



とりいそぎ、ご報告とお礼まで。


ちびえ



....................................................................................................................................................................................

[PR]
by cisco-noodle | 2011-09-08 19:22 | Diary | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/15397881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りょう☆ at 2011-09-08 21:44 x
よかった・・・。ほんとによかった・・・。

うちの父も昭和ひとケタ。
戦中戦後をくぐり抜けただけあります。

ちびえさんもお体大切に。
Commented by バル at 2011-09-09 01:55 x
良かったです。本当に!!
大おかみさんすごくがんばったんですね。
ちびえさんのがんばりもあってのことでしょう。
大おかみさんと一緒にちょっと休んでくださいね☆
Commented by cisco-noodle at 2011-09-09 10:09
>りょう☆さん
ほんと、あの狂った時代を生き抜いたヒトはひと味違いますよね。
見た目が小柄で童顔なので、年齢よりかなり若く見えるのは我が家の家系でしょうが、
あの気力の若さが、これまでの健康自慢のもとのような気がします。
自分それが足りないんだよな〜(笑笑笑)

いつも温かいお気遣い、どうもありがとう。
いつもよりわしわし食べているので、自分は大丈夫です!
(↑意外とピンチのさなかでは強いタイプ。空回りもあるけど…笑)
Commented by cisco-noodle at 2011-09-09 10:30
>バルさん
見守ってくれて、ありがとうございます!
バルさんご自身もまだ辛い気持ちがあるでしょうに…本当にありがたく思っています。

自分がやっていることといえば、
婆さんのおしゃべりをうんうんと聞き、上の空だと叱られ、
頼まれたシルバーパスの更新手続きをうっかり忘れて呆れられ、
手術中はぼけ〜っと控え室で妄想にふけっているという有様なので
たぶん目を覚まして、明日あたりしゃべれるようになったらまた叱られます。
それで「まだまだあたしがしっかりしなくちゃねっ!」
と思ってくれればめっけもの…ですよね(笑)
Commented by gen-pk at 2011-09-09 14:51
よかった〜〜〜〜。
すごい手術を乗り換えた大おかみさんすばらしいです!
ちびえさんもがんばりました!
本当に!本当によかった〜〜〜!

姫は、お目覚めになられましたか?
うちの3色王子がお目覚めのチュウをするためにそちらへ向かいましたが、
ちゃんとついたでしょうか?

安ひとまず安心しましたが、まだまだ、引き続き応援してますよ!
はやく大おかみさんが回復しますように…。
ちびえさんも元気でいられますように…。
はやくおかみさんが大おかみさんに??られますように…。
笑笑

…番頭さんもそれはそれは心配していたでしょうし、
ニホンゴ怪しいところが番頭さんの魅力なんだから、オッケオッケヨ〜。
Commented by cisco-noodle at 2011-09-09 20:49
>michi さん
「オー、キレータアッシノオッキャクサ〜ンネ。ン〜〜〜〜ンバッ♥」
番頭さん、間違ってます。切れたあっしではなくキレイな足です。
だいたい誰にそんな濃厚な投げキッス教わったんですかっ。はしたないっ。
(↑アイツに違いないと目星はついている)

失礼いたしました。
ファントム王子のチュウ♥で、姫は無事お目覚めになったようですよ。
目覚めたとたんに玉手箱のフタが自動的に開いて
あっというまにおばあちゃんに戻ってしまいましたとさ(笑)

実は、今日は行けなかったのだけど
夕方行った姉の話によると、すでにベッドの上に起き上がっていたそうです。
なんでおかみさんは来ないのだと言っていたらしく
やっぱり叱られコース1名様ご案内〜〜は確定か。
やばいよ、やっぱりアレだよ、ゾ○ビ。(←いまさらの伏せ字・笑笑笑)

熱い応援ありがとう!
玄徳さんもお疲れさまでした。どうもありがとう。
あ、急に眠くなってきた…大変、もう起きれなくなっちゃうかも……。
王子、もっぺん東京までおねがいおねがい!
ほらほら寝ちゃうよ、ぐうーーーーー。
…へ? イビキとタヌキ寝入りはお断り?…そんなあ〜。
<< かたぶくまでの月を見しかな バケツの底 >>