ヨウシュヤマゴボウ染め〜まとめ

毎度おつき合いいただいておりますヨウシュヤマゴボウ染め。
本日はまとめてご報告です。
(↑注:今日はだらだらと長いです・笑)

これまでのようすはこちら→ ☆1日目 ☆2日目 ☆3日目 ☆4日目



まずは昨日まで丸3日かけて染めてきた【非加熱染色】。

e0197895_2112214.jpg
左からウール、麻、木綿
媒染30分→染液66時間→染液にミョウバン追加6時間→水洗して媒染30分
(媒染はミョウバンを使ってアルミ媒染)


ウールは深い深い葡萄色、麻はフジ色に近い淡いベージュ、
木綿は井村屋あずきバーの色です。
(写真にうまく色が出てなくてスミマセン…)

水洗する前は鮮やかなピンクだった麻と木綿は
淡いフジ色系の色に落ち着きました。
ウールは驚くほど深い、光によってはとても鮮やかな葡萄色。
↑あ〜〜実物をお見せしたい〜〜〜☆




昨晩、加熱染色も試してみました。
素材は非加熱のときと同じウール、麻、木綿。
媒染も同じくミョウバンを使いました。



【85℃で30分加熱】湯煎で温度管理しました。

e0197895_21274843.jpg
媒染30分→85℃で30分加熱染色→水洗して媒染30分

やはり麻と木綿は水洗であっさり色が抜け、ベージュ系の色に…。
植物系の繊維で濃い色を出すのは、やっぱり難しいみたい。
けっこう鮮やかな茜色に写っているウールは、
実物ではもう少し落ち着いたレンガ色に近いイメージ ♪ キレイです。



実は85℃で試す前に、60℃でも染めてみました。


e0197895_21543693.jpg
【60℃で30分加熱染色】染液から取り出し、水洗したところ。

この時点で、トンデモナイことをやらかしたのに気づきました。


はじめに浸した媒染液は常温( 12℃ 前後)。
染液は湯煎ですでに 60℃ にしてありました。
そして、30分後にナベから取り出し、ぎゅぎゅっと絞って
冷たいお水で色をもみだしながら洗いました。

…もうおわかりですよね?



e0197895_2231483.jpg
ウール縮みましたあぁ、おまけにフェルト化しちまいましたああ(泣)

↑そりゃそうだ。

温度による色の違いだけでも見たかったので、
急な温度変化を与えたり、もみだしたりしないように注意しながら
85℃で別な糸を染めましたが、やっぱり少し縮んでしまった…グスン。




で、縮ませてしまったものを使って【100℃で30分加熱染色】
e0197895_21121962.jpg
つまり2度染めってことになります。

たまご色を期待したんだけれど、オレンジ色どまり。
ウールはすでに脱色したドレッドヘアーみたいです(泣)




e0197895_22271384.jpg
麻 左から非加熱、85℃、60℃+100℃

e0197895_20282427.jpg
木綿 左から非加熱、85℃、60℃+100℃



麻と木綿の温度による色の差はささやかですが
ウールは違いがくっきり判ります。

e0197895_20275834.jpg
非加熱
e0197895_202878.jpg
85℃
e0197895_20281116.jpg
60℃+100℃



ウールってスゴイ!



e0197895_22322474.jpg
秋の陽射しに糸が輝きます。



毎日が驚きの連続で、ハラハラドキドキの4日間でした。
また面白そうな材料に出会ったら、試してみたいと思います。
予想どおりの色にならないところが、草木染めの面白いところなのかも…。
失敗はセイコーのもと…って信じたいなあ(笑)

長々おつき合いいただき、ありがとうございました!



ふぅ(笑)




....................................................................................................................................................................................

[PR]
by cisco-noodle | 2011-10-27 22:47 | 草木染め | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/16241760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きゃふぁにこ♪ at 2011-10-28 13:11 x
すごい!すごい!!
加熱する温度によっても色が変化するのね~@@
しかも、葡萄色だったのがレンガ色になるなんて不思議~。
ウールの色合いもどれもステキだけど・・
木綿や麻の優しい色合いもステキだと思います。
この糸たちで何か作るのかな?
フェルト化したのだって、何か可愛い作品が作れそうですね♪
ちびえさん、お疲れ様でした。
さらなるチャレンジ、待ってますよ~♪♪ ^^
Commented by cisco-noodle at 2011-10-28 19:00
>きゃふぁにこ♪ さん
不思議でしょう?
加熱の温度が高くなるほど,黄色っぽくなっていくの。
しまいにはきれいな黄色になるはずだったんだけど…ははは。
媒染に使うものが違うだけでも色味が違うからそのセイかな。
醗酵させたときとさせないときでも、きっと違う。
っていうことは、気温でも違うのかな〜〜??
疑問がいっぱい、鼻がヒクヒクしちゃう(笑)

今回はちょっぴりずつしか染められなかったから、
何かと合わせて作ってみたいなあと思っています。
何に使おう? ワクワク ♪

え?さらなる?
あのね、じつはn……モゴモゴモゴ(←つい…ね。またあとで!笑)
Commented by バル at 2011-10-28 21:19 x
うふふ~っ楽しい!!染物レポート楽しいです☆
糸の素材でこんなに染まり方が違って、そんでもって温度でもこんなに違うなんて面白すぎますっ!
さらなる挑戦、楽しみに待っております(^0^)/

この素敵な糸たちでどんな作品が出来上がるのか、それも楽しみです☆
Commented by cisco-noodle at 2011-10-28 23:38
>バルさん
ね、なにか作りたいよね…。何が作れるかなあ。

途中経過を記事にするのってタイヘンだなあって思いました。
写真を撮るのを忘れないようにするのが特にね(笑)
でも今回はがんばったよ〜。
自分のメモがわりにもなるし、興味の無い方にはタイクツかもしれないけど
これからも載せられるようにしたいと思います。(←自信はあまりない)
読んでくれてありがと!
Commented by ハナコ at 2014-09-29 01:23 x
庭に沢山ヤマゴボウがあったので、こちらのページを参考に、絹を染めてみました。
こちらのウールのように葡萄色を期待しましたが、しぶ〜い小豆の粉色のような感じでした。出して洗う暇がなかったので、浸けたまま1週間近く放置してしまったのが原因かもしれません。それとも何度もかき回したからか。
ヤマゴボウの量は充分だったと思います。
布が浮いて、染液から出ていた部分は黒くなりました。
またやってみます。
Commented by cisco-noodle at 2014-09-29 04:34
>ハナコさま
そうなんですよ…。
昨年、自分もシルクの糸を浸し染めにしてみたんですが、洗うとさーっと色が抜けて、綿の染め上がりと変わらないような感じになってしまうんです。液のphを酸性にしてもわずかに赤味が増しただけでベージュでした。煮染めにしても結果は変わらず。むしろくすみました。不思議ですね。
ウールにしか染まらないということのようです。詳しいことはわからないんですけど。
何か面白い結果がでたら是非教えてくださいね!
コメントありがとうございました。
Commented by 劣化イグニス at 2017-11-10 15:43 x
ありがとうございます
私も試しに染めて見たところ、見事にベージュになってしまったので、そのなぞがとけました
<< たまごのみれん ヨウシュヤマゴボウ染め〜その5 >>