小さなルームシューズ

小さなルームシューズのオーダーをいただきました。


e0197895_16484357.jpg
ちっちゃい!(17センチ)



どのくらい小さいかというと




e0197895_16484415.jpg
このくらい
おかみさん愛用の22センチサイズと比較




…ちょっとわかりにくいな。





e0197895_1648553.jpg
こんな感じ
一般的な番頭さんと比較



ますますわかりにくい。





e0197895_16491171.jpg
うさぎおやじ「どれどれ」
おやじさん、あんたは触っちゃダメ。





e0197895_16485963.jpg
一般的な大粒キャラメルと比較
(う〜ん)





e0197895_1649887.jpg
一般的な牛乳石鹸〈バスサイズ〉
(……)





e0197895_1649286.jpg
一般的なフロリダ産グレープフルーツと比較
(これなら、まあわかるか)



大人用をそのまま縮小して作るというわけにもいかず
さりとて子供の足には縁がなく、不安は残るんだけれど。


両手を顔の横に、手のひらを前方に向けて
指は軽く曲げて、こきざみにブルブルさせて
「ぎゃわい"い"〜〜〜〜」
と声を上げてしまうくらいちっちゃい。




e0197895_16491640.jpg
「チッチネ〜」
うまいこと、ちょうどよく作れているんでしょうか?




どきどき わくわく きゅんきゅん です。







【おまけ】



e0197895_1653961.jpg
おやじさん、あんたでかいよ(笑)






....................................................................................................................................................................................

[PR]
by cisco-noodle | 2012-04-01 16:53 | あみもの | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/17659103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バル at 2012-04-01 17:27 x
まぁ❤ちっちゃい♪
幼稚園の子さんかな?
色合いといい、サイズといい、デザインといい小学生の必需品”うわばき”を思い出してしまいました。
もっと小さいのよね?
懐かしいなぁ~w
ちびえさん愛用サイズのルームシューズと比べると親子の様でぷりてぃ~(*^-^*)
Commented by きゃふぁにこ♪ at 2012-04-01 22:18 x
17cmサイズ、小さくて可愛い~っ!
大人用と並ぶと、さらに可愛い~~っ!!
私ね、母と姉は22cmくらいで小さい足なのに・・私だけ24でデカ足で、
靴を並べるとほんと可愛くないのよね~。。。 ^^;
だから、小さくて可愛い足っていいな~って思います◎ ^^
でも、子育てしてないから、17cmって何歳くらいの子のサイズなのかが
チンプンカンプン(笑)。。
でもきっと、お洒落でちょっと大人な感じの薄いグレーを気に入ると思うわ☆
Commented by cisco-noodle at 2012-04-02 05:49
>バルさん
両足並べておいておくと、天使か妖精の忘れ物みたいですよ〜♪
自分用のを作ってるときは「ちっちぇーなー」と、思わず笑っちゃうことがあるけど
お子様用のは、もう、両手でそっと掲げてポオ〜ッとしちゃいます。

正直、子供って好きじゃないし興味もなかったから
子供が持てなかったこともなんとも思ってなかったけど
これはうらやましい。ものすごく♥
Commented by cisco-noodle at 2012-04-02 05:59
>きゃふぁにこ♪さん
ちいさいでしょ〜♪ 3歳のお嬢さん用なの〜。
ほんとは16センチ(!)なんだけど、17センチでオーダーいただきました。
そうなの、大きくなるんだってよ、子供って!
(↑そんなあたりまえのことに、いちいち感動・笑)

3歳っていったらもう自分で着替えたりするのかな。
きっとまだそんなに歩いてないから(←オトナと比べて)
つちふまずとかないかもな…甲の骨もまだ細いんだろうな…。
ストラップはバリバリテープ留めにしたら
自分で着替える練習ができるかしら…??(妄想ぐるぐる♪笑)
<< 春まみれ よこしまな風の吹く >>