晩夏のフジがくれた色

前回「つづく…」とか言っといて 更新がないってことは
さては、失敗して意気消沈だな?

…と、思ってますね?




e0197895_15175696.jpg
失敗か成功かといえば成功だと思います。
左の2玉は一番液と二番液を合わせたものを使い、
右の2玉は三番液と四番液を合わせたものを使いました。




6〜7月の藤からは緑が出せると本に書いてありました。

書いてあった通りに、
炭酸カリウムを加えた水で煮出した染液を使い、
焼きミョウバンで媒染した染め上がりです。




e0197895_15182012.jpg
写真でうまく色が出せないのが残念!

一番液+二番液で出した色。
茶色というよりは小豆色と言えばいいでしょうか。

手前の方が少し黄色みがあるのが判るでしょうか?
先日の紫御殿で染まった、かすかな黄緑がかった灰色の糸に重ねて色を入れてみました。
ほとんど差がでなかったけれど、前回にできた染めムラがいい味出してくれています(笑)






e0197895_151873.jpg
ああ〜実物をお見せしたい〜〜。

こちらは三番液+四番液で出した色。
さくら色がほんの少し黄みを帯びたような、愛らしい色です。




藤に限らず、新芽が赤みを帯びていることがありますね。
あの赤には、強い紫外線から身を守る役割があるらしい。

こんな記事を見つけました→植物の新芽が赤い色をしていることがあるのは何故か?

ちなみに、赤みはアントシアニン。
6〜7月よりも強い陽射しを長く受ける季節だから
今回使ったツルや若葉には、たくさんのアントシアニンがあった
…ていうことなのかもしれませんね。




e0197895_15182549.jpg
子宝かあさん「緑の葉っぱから、こんな可愛いピンク色が出るなんて…」




e0197895_15183181.jpg
番頭さん「フジギ〜〜」
スズメ小太郎「…」



番頭さんてば、日本語はちっともうまくならないくせに
そんなギャグ言うようになっちゃって…。





e0197895_15185893.jpg
染液は、こんなに薄い色になるまでがんばりましたよ
おつかれさん ♪






e0197895_1519273.jpg
3日前に切ったのに、もう新しいツルが。


草木染めは、同じ植物でも季節によって出る色が違う
っていうのは、こういうことなんだなあ。

植物ってスゴいね!




       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::【 参考までに 今回のData 】:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ・藤(ツル・若葉 am 6:00 採取)…150g
         ・綿100%糸…200g(牛乳500ml:水1ℓ に30分浸して1分脱水→完全に乾かす)
         ・媒染:焼きミョウバン5g+水4ℓ

         ●葉は茎から外す。ツルは3センチ程度に切る。
         ●ボウルに藤を入れ、水1.5ℓと炭酸カリウム1.5gで20分煎じる。(四番液まで採る)
         ●一番液+二番液と三番液+四番液に分けて、氷酢酸3cc 加えて中和して使う。
          40℃くらいに加熱して、下処理後30分ほど温湯に浸した糸を投入。
          よく動かしながら90℃位で20分煮染め→糸を浸したまま約2時間冷ます。
          →よく水洗→20分よく動かしながら媒染→よく水洗(1回目染め)
         ●染液に氷酢酸をさらに1cc 加えて15分煮染め→以下1回目と同様(2回目染め)
         ●3回目、4回目まで染め&媒染してよく洗い、柔軟仕上げ剤に10分
         ●1分脱水して陰干し。〜〜終了〜〜〜♪
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






・・・・・・・・・・


鍋使いにちょっと自信が出てきたので おまけ 】


ブルーベリージャムを鍋で煮てみました!


e0197895_15191665.jpg
500g のブルーベリーにグラニュ糖250g を使ったら、
ちょっと甘過ぎましたあ〜〜。





e0197895_15191254.jpg
やっぱり鍋で食べるものを煮るもんじゃあありませんな。
(笑)






....................................................................................................................................................................................

[PR]
by cisco-noodle | 2012-08-21 16:41 | 草木染め | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/18682416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バル at 2012-08-22 17:36 x
藤の葉っぱと蔓で染色は大成功ですね~!
実物とは違うのかもしれないけれど、優しいピンク色と小豆色ですね☆
緑の葉っぱからピンク色、不思議だなぁ~。
桜の樹の皮で染めるとピンクになるって聞いたことがあるけど、藤の葉っぱもそうなんですね。
でも季節によって色が変わる!本当に不思議だぁ~(@ @)面白い♪

ブルーベリージャムとっても美味しそう~wジュルリw
Commented by gen-pk at 2012-08-22 19:31
かわいいくてお品のある色☆
アント…なるほど。でもやっぱりフ〜ジ〜ギ〜(笑)
ドンドン材料がとれて、季節でそまる色が変わって、
キレイなお花も咲いて(お花でも染めれるのかなぁ?)
藤ってすごいね。え?ドンドンのびるのを切るのが大変?
ががががんばれちびえさ〜ん!ケガしないようにね(笑)

あはは!鍋は糸や植物を煮るためにあり!だね!
ジャムすっごくおいしいそう!いつかわたしもつくるぞ!…レ、レンジで!
(鍋は愛でるためにあり。笑)
Commented by cisco-noodle at 2012-08-23 05:18
>バルさん
まだ日が長くなる前の時期なら、本当に緑に染まるんだろうなあ。
もちろんこの時期でも緑に染まる植物もあるみたい。
やっぱりちゃんと本を読むと、いろんなことが解ってオモシロいね!
またオモシロいものを見つけてしまった。。。笑

いつも電子レンジでチ〜ンして作るんだけど
お鍋で食べ物を作るのは随分久しぶりで、緊張しちゃったよ〜。
ちょっと甘すぎたけど、まいっか ♪
Commented by cisco-noodle at 2012-08-23 05:29
>michi さん
ブルーベリーやワインの赤もアントンくんなんだって!
ちなみに緑の色素はクロロフィル。クロロンちゃんって呼びましょう(笑)
お花でも染められるらしいし、実は食べられるんだって!
この藤棚との付き合いは30年以上なんだけど、知らなかったあ〜〜。
秋に実が熟したら食べちゃうぜ!むふ♥
藤の剪定はベランダから高枝切りばさみでちょんちょんなんだけど
こないだ屋根に出て、柿の木の剪定をしてる時に
地震があって腰が抜けました。あれはコワい〜。気をつけます。。

そう、お鍋は糸とか葉っぱとかを煮たり、被って踊ったり、
ひっくりかえしてポコポコたたいたり…いろんなことに使った方が無難です(笑笑笑)
<< 鳩事情 次なる… >>