鳩事情

e0197895_17494298.jpg
このシルエットはお嬢ちゃん。




e0197895_1749463.jpg
ついに彼氏を連れてやってきました。




e0197895_17495045.jpg
若そうで、うん、なかなかのツラガマエ。


さあ、いよいよ見分けるのに注意が必要になってきました。



ポイントは尾羽です。




e0197895_1749552.jpg
お嬢ちゃんのカレシ




e0197895_1750297.jpg
かっこいいまゆげの旦那




e0197895_1750722.jpg
美脚の奥さん(まゆげ旦那の妻)




e0197895_1750106.jpg
お嬢ちゃん




以上をふまえて、ここで問題です。




e0197895_1750233.jpg
Q:これは誰と誰でしょう?



わかるかな?



しかし、このカレシ、夜の番に備えてごはんを食べていた美脚奥さんを
威嚇して追い返すという非礼な行為にでたので
以後は出入り禁止だよってお嬢ちゃんに伝えておきました。

それからは、お嬢ちゃん一人で来ています。
なかなか頭のいいコじゃないの。





実のところ美脚の奥さんは、鳩界(←きゅうかい?笑)でも魅力的な女子であるらしく


e0197895_17503465.jpg
こんな若造にも追っかけられていました。
(↑くちばしの周りが皮膚炎を起こしてます。ダニかな?)



しきりに求愛ダンスをくり返すものの
奥さんは完全に無視☆

しまいには激しく叱られ、追い払われてゆきました。
以後、姿を見ていません。
(奥さんステキ♥)


鳩の世界にもいろいろあるらしい…。




・・・・・・・・・・


【 おまけ・最新事情 】


3日前からまゆげ夫婦は夕刻に2人でご来店。


e0197895_17504320.jpg
ひょっとして、ヒナが順調に育っているということかしら?

ヒナは親鳥(雄・雌)のノドの奥から分泌される
「ピジョンミルク」というものを飲んで育つそうです。
ある程度大きくなったら、食事を与える時だけ巣に戻るらしい。




いつの日か、親子揃ってご来店…。
そんな夢を見てしまう今日このごろ。




もひとつ

e0197895_17505167.jpg
5日ほど前、けんけん の無事を確認(?)


痛みがなければビッコをひいても両脚で立つような気がするので
別なスズメかもしれません。
いっときよりもケヅヤがよくなったような気がするし…。

でもけんけんだったらいいなあ。。。








....................................................................................................................................................................................

[PR]
by cisco-noodle | 2012-08-24 18:32 | Diary | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/18709766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Aya at 2012-08-24 23:00 x
ずいぶんとご無沙汰しております。いつも読み逃げちゃん・・・コメするのにも日付が経ってたりするのでタイミングのがしていました。今日はなんとかオンタイムでございます、ラッキー☆

鳩の見分けもずいぶんと達人レベルになったようですね。私はチンブンカンプンでございます。鳩って良く見てみるとかっこいいんですね。最後の2羽は誰だろう???

草木染めの新しい?改訂本でしょうか、このごろ見かけてます。いつか挑戦したいと思っているので今のうちに本を買っていた方が良いかしら?本を買うので満足しているこのごろです。
Commented by cisco-noodle at 2012-08-25 05:57
>Aya さん
おひさしぶるです〜♪
鳩くらいの大きさになると、自分もやっと見分けられます。スズメはむずかし〜(笑)
公演なんかによくいるドバトと比べると、キジバトは少し小さくて
警戒心も強いんだけれど「えさ場のおばちゃん」の顔は覚えてくれたようですよ。
番の仲睦まじい姿を見てると自然に笑顔になって、気持ちが落ち着きます。
ありがたや〜〜。
最後の2羽が誰だか、答えを見にまた来てね♪(←ひっぱる・笑)

草木染めの本、書かれた方によっていろいろと違います。
新しい手法や染料も出てくるみたいなので、何冊かあった方がいいかもしれませんね。
自分はこの本と、図書館で借りてきた山崎青樹さんという方の
「草木染め 染料図植物鑑」が目下バイブルと化しています。
後者は96年の本で、新装版が出ているようなので買おうかな〜と思い中。

読み逃げでも、来てくださってありがとうです!
不定期に更新するのでコメントしずらいかもしれないけど
また気が向いたら、時間のある時におしゃべりしましょうね。
よろしくお願いします♪
<< すくすく 晩夏のフジがくれた色 >>