あの色はこうなった〜ヤマゴボウ実染め2012その2

昨日、急遽スタートしたヨウシュヤマゴボウ染め。
昨年は10月下旬に染めて、その糸でルームブーツを編みました。


e0197895_1324129.jpg
e0197895_13404370.jpg
こんな感じ

ベースの明るいグレイは既製色です。

編んだ時期は年明けの1月中頃。
編むまでの間は普通の引き出しに放り込んであったので、日光の影響はあまり受けていません。





e0197895_13324258.jpg
染めた直後の色がこんな感じ。

写真で見るとほとんど変化がないように感じると思います。

自分の実感としては、深い深い葡萄色だった
非加熱染色の一番濃い色が、若干明るく、ピンクに近づいたように思いました。



あれから、ほぼ1年が経ちます。




e0197895_13241724.jpg
↑ついさっき撮影。

特にていねいに扱ったわけではなく、
毎週のように履き、時には普通の洗濯洗剤で洗濯機でゴゥンゴゥン洗いました。
干す時は、どのくらい退色するのか見てやろうとばかりに
平気で日向に干しました。




もとより草木染めには、化学染料を使った染色よりも
退色しやすいという欠点があります。
中でもヨウシュヤマゴボウの赤紫は熱で赤〜たまご色に変化し
日光堅牢度がとても低いといわれているらしい。




e0197895_13242063.jpg
確かに4つの色は浅く退色していますね。

でも1年経ってこの程度の変化なら
まあまあイイ感じなのじゃないでしょうか?


自分としては、むしろ「デコボコじゃばら編み」が
つぶれてぺちゃんこになったことの方がガッカリです。ははは…。





今年も上手くアルコール発酵してくれますように…。





e0197895_13243798.jpg
今日のトーヤマくん。
昨日は夕方から膝掛けでくるんで低温対策をしました。




24時間経った様子を見てみましょう。




e0197895_13243139.jpg
黒っ!

期待どおり、アルコール発酵の香りがします。

昨日ひざかけでくるむ時に重たいフタを持ち上げてみたところ、
ラップの内側が曇って水滴がついていました。
その時点で既に醗酵が始まっており、熱が発生していたんですね。





e0197895_13243491.jpg
左がタコ糸、右がウール。

糸の色も濃くなっています ♪



さあさあこの先どうなるか?
また桃色の膜(産膜酵母)ができるのか??




乞う、ご期待!

あれれ、結局連日染めレポか?(笑笑)







....................................................................................................................................................................................

[PR]
by cisco-noodle | 2012-10-12 14:18 | 草木染め | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/19024642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きゃふぁにこ♪ at 2012-10-13 11:02 x
どうですか~?
順調ですか~?
↓の・・、ヨウシュヤマゴボウの実には、可愛いピンクのお花マークが付いていつのネッ!
赤紫色に染まっちゃったちびえさんの手は、簡単に落ちたのかな~???

あったかそうなルームブーツ覚えてますよ~。 ^^
でも一年って早いわ~~(汗)。。。
Commented by cisco-noodle at 2012-10-13 12:17
>きゃふぁにこ♪さん
順調ですよう〜♪
昨日の夜は一昨日よりもさらに冷え込んだので
夏用のシュラフ(←いま活きる元山ガールの山道具)をかけてあげました。
ええ、あいかわらず過保護です(笑笑)
ヤマゴボウの実を軸からハサミでぷちんぷちんって切ると
プックリしたガクがお花みたいに残ったの。
可愛いでしょ〜。こんな和生菓子あったら食べたいな。

きっと「ソックス」って言いそうになるところを
ちゃんと「ルームブーツ」って言ってくれる、きゃふぁにこ♪さんの
律儀なやさしさに感涙です。。。
<< 三日月と金星と〜ヤマゴボウ実染... ヨウシュヤマゴボウ染め2012... >>