Christmas Carols for Young Children

今宵はクリスマス・イヴ。

当店重鎮の2人が
「クリスマスッテ、ナニ〜?」と訊きますので、




e0197895_18374994.jpg
"Christmas Carols for Young Children -for piano, guitar and recorder"
illustrated by Henriette Willebeek le Mair


クリスマスキャロルの本を見せてあげました。


オランダの挿絵画家 ヘンリエッタ・ウィルビーク・ル・メールの繊細な挿画と共に、
天使ガブリエルのお告げを受けるマリアから始まる12の物語が、
クリスマスキャロルとして楽譜付きで語られます。






e0197895_18375816.jpg
番頭さん「キレイネ…」




世界中の人々を救おうとした方が
ずっとずっと昔の今夜、お生まれになったのだよ。





e0197895_1838728.jpg
番頭さん「コノヒト、キレイヨ…」 スズメ小太郎「羽生えてる人がいるよ!」




本当にどのページも、繊細で美しくて
皆さんにも全てお見せしたいのだけれど、
著作権が切れるまで、あと14年あるのでほんのオスソワケ。。。





e0197895_18381192.jpg
小太郎「飛んでるよ!」




自分はキリスト教徒ではないけれど
世界を救おうとする魂の誕生は、
心からお祝いし、感謝したいと思います。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



【 おまけ 】



当店のお客さまはみんな可愛らしいんですが
このところ目立って美しくなったのはお嬢ちゃん。


e0197895_1921525.jpg




他のキジバトよりも全体に茶色がかった灰色。
ふっくらとして、オトナっぽくなってきました。

ただし、気の弱さも一番で
相席のスズメたちにつつかれて、半べそで退散することも(笑)





e0197895_19215898.jpg
あどけない顔立ちは変わりません。
お嬢ちゃんは他のキジバトと比べて、瞳の黒い部分が大きい。






e0197895_1922192.jpg
コチラは新入りの「新ちゃん」

胸のうろこ柄も少しずつ目立たなくなってきました。
新ちゃんの瞳はキジバトらしい標準的な感じ。
相変わらず先輩たちに叱られ、スズメたちに八つ当たりしまくっています。



新ちゃん、クリスマスくらいは
みんなと仲良くしなさいよ(笑)




おしまいに、もうひとつ。




我が家にはツリーも飾りもありませんが



e0197895_19415369.jpg
シロザがこんなに大きくなりました。


夏の終わり、近所の駐車場で引っこ抜かれるところに偶然通りがかり、
思わず我が野草園にお迎えした時は40センチくらいしかなかったのに。

もうじき、おはようのちゅー♥ができなくなりそうな勢いです(笑)





e0197895_19415524.jpg
はっ。それがイヤで必死に大きくなろうとしてるのか?




何はともあれ、Merry Christmas...







....................................................................................................................................................................................

[PR]
by cisco-noodle | 2012-12-24 19:54 | Diary | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/19403003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はる at 2012-12-24 22:27 x
メリークリスマスー♪
ご無沙汰してました〜。
お邪魔はしていたのですが、読んでは脱兎m(_ _)m

クリスマスキャロルの本、とっても綺麗ですね!
繊細で儚い雰囲気。
著作権切れまで、あと14年ですか。
では、14年後に、また全ページ掲載お願いします←え?

シスコ庵の小鳥さん達も、お元気そうですね。
こちらの鳥達も、冬毛でフカフカ、可愛くなりましたー(*´∀`*)
Commented by cisco-noodle at 2012-12-25 07:29
>はるさん
メリークリスマス☆
そちらはまさしくホワイトクリスマスでしょうね〜。

著作権が切れるのは2027年。
間違えてました。あと15年あるんだね。(←引き算もできない…汗)
この画家さんは子供の絵をたくさんかいていて、
画像検索をすると、愛らしい子供たちの絵が見れますよ♪

見に来てくれるだけでも嬉しいです。
いつもありがと!
風邪ひかないように、がんばってね。
Commented by きゃふぁにこ♪ at 2012-12-25 12:04 x
ちびえさん、メリークリスマス♪
クリスマス・キャロルの本、とても素敵ですねー☆
私もB.Bに「クリスマスってな~に?」と聞かれたけれど・・
食べる事だと教えてしまった様な気がする~~~(汗・汗)。。。
ニコなんぞは、もうとっくにそう思い込んでるしねー。 ^^;;

シロザさん、かなり頑張ってますねーっ!!
これは、その時が来たならば、ぜひぜひご褒美「ちゅー☆」を~♪ ^^
Commented by バル at 2012-12-25 18:19 x
ちびえさん、メリクリ♪
絵本とっても落ち着いた色彩の美しいイラストですね。
クリスマス=素敵なプレゼント&美味しい料理!!と決めてる私ですが、この本のような静かなクリスマスが本当なのだろうなぁと思います。

でも、世界を救った人の誕生祝いですもの楽しいのもいいですよね!

シロザさん、だいぶ背高ですねw
おはようのちゅーw楽しみですね♪
Commented by cisco-noodle at 2012-12-25 18:53
>きゃふぁにこ♪さん
クリスマスといったらごちそうですよね!
我が家も昨晩はちらし寿司(ちらしの素使用)とイワナの甘露煮(買ってきた)、
タンドリーチキン(買ってきた)で、ささやかなディナーをいただきましたよ。
ホントは七面鳥を食べるんだったよなあ。。。
まあウチにもハトやらスズメだったら、活きのいいのがいるんだけど(笑)

このクリスマス・キャロルの本は社会人になりたての頃に
仕事の資料を探していて衝動買いしたものなんだけど
優しくて美しくて、眺めているだけで何やらありがたい気分になってきます。
そして、世界中の平和と幸福を祈りたくなってきます。
メリークリスマス☆
Commented by cisco-noodle at 2012-12-25 19:01
>バルさん
うんと幼い頃にはツリーを飾ったりした覚えがあるんだけどなあ。
いつのまにかクリスマスのお祝いをしなくなりましたねえ。
でも実は、街中がキラキラしているし、
誰もが誰かのことを思っているこのシーズンがとっても好き。
(寒いのは苦手だけどね・笑)

シロザも大きくなると茎の太さが3〜4センチにもなるから
天然のツリーにもなるかもね。
大きな鉢に植え替えなくちゃ!

よいクリスマスを!
Commented by りょう☆ at 2012-12-28 15:03 x
コメント、ご無沙汰でごめんなさい。
ヘンリエッタ・ウィルビーク・ル・メールの挿絵、淡く抑えた色彩が美しいですね。
図書館でときどき外国の絵本を手にします。
英語は分かんないけど挿絵だけでも楽しめますね。

ポチの小屋があったところがぽっかり空いて寂しくなったので鳥のエサ台を置きました。
しばらくはだーれも来てくれなくてさびしかったけど最近ヒヨドリの夫婦?が来てくれるようになりました。
みかん完食で立ち去っていきました。
本当は雀やメジロに来てもらいたいんだけどね・・・

今年も1年が終わりますね。
いろいろ悩むこともあるけれど健康で年が越せそうなのは有難いことです。
今年も楽しみに訪問させていただきました。来年もよろしくね。
Commented by cisco-noodle at 2012-12-29 05:53
>りょう☆さん
絵本や図鑑、挿画本だけじゃなくて、なぜが外国の料理本も持っているんだなあ。
写真はちょっぴりでほとんど挿絵なんだけど、ものすごく美味しそうなの。
(↑文章が外国でもニホンゴでもまず使うことはない・笑笑)
どの本も、時々引っ張り出して眺めてはうっとりしてます。

スズメは案外用心深くて、なかなか近寄ってくれなかったけど
今ではベランダの掃除に出ると近くまでやってきて
付かず離れずの距離を保ちながら「おなかすいた」「めしはまだか」。
窓の桟につかまって部屋の中を覗き込んだり、ガラスをコツコツしたりするようになりましたよ。
冬で餌が少なくなったから、今が仲良くなるチャンス☆かも。

今年もあっという間の1年だったなあ。
もう1回更新したいと思ってるんだけど、できるかな・・・?
気が向いたらまた覗いてみてください♪
<< 大晦日は恒例の new アクリルわたし >>