フジの若葉染め その2

「5月の藤の若葉からは緑を染めることができる」

愛読書となっている 山崎青樹さんのご本「草木染染料植物図鑑 3」の
この言葉を頼りにフジをぐつぐつ煮出しました。


先日染めた黄土色系の色も、昨年8〜9月に染めた小豆色系も
とてもよく染まりました。
そして、どうも、多分、きっと…フジから染めた色は強い。

↑これ!といった確かな根拠があるわけではない…。
でも、昨年染めたものの様子を見る限りかなり期待が持てます。




出るか !? 退色しにくいミドリ !?





e0197895_853518.jpg
…ミドリ…ちゃん?





本にある通り、1%のアルカリ水で煮出した液で





e0197895_8524454.jpg
いつものリリヤンコットン 昨年8〜9月の色とほぼ同じ…。




本にある通り、煮染めて放冷し




e0197895_8524814.jpg
いつものタコ糸 これも昨年8〜9月とほぼ同じ。





本にある通り、銅で媒染しました。




e0197895_8525259.jpg
シルク 綿よりすこーしだけ赤みが少ない。




なじぇミドリにならんのじゃ。。。



残液にはまだ濃い色があり、昨年8〜9月のときのように
桜色が染められそうですが




e0197895_854993.jpg
ちょっと実験。
シルク用と綿用、それぞれ前半と後半に使った4種類の残液にタオルを切って浸してみました。
左奥:残液そのままのもの 左手前:アルカリを強めたもの 右:さらにアルカリを強めたもの





e0197895_8541456.jpg
ちょびっとだけミドリちゃん!(←とっても希望的観測)




ていうことは、煮出しに使ったアルカリ水の pH が
高すぎた? 低すぎた?…えっと??
(↑ハイ、マジで理数系が苦手です♨)




そんなわけで買ってみました。


e0197895_8541879.jpg
ハンディpH計
(測っちゃうぜペーハー。林家じゃないんだぜペーハーだぜ!)





本には「6月に入るとオリーブグリーンになる」とありました。

5月はまだ、あと3週間あるですだ!
↑なに、この不屈の精神力・笑






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




【 おまけだよ 】



e0197895_8543065.jpg
黒目がちなアイドル、お嬢ちゃんが
また、例の体の大きなお連れさんとやってきました。





e0197895_8543381.jpg
(↑お連れさん)やはり目の周りに赤い隈取りはありません。女の子だと思うなあ…。



なんだ、ケンカ別れしたんじゃなかったんだね。
…ヨカッタよ。
番じゃなくても別にいいや。

だって




e0197895_854387.jpg
2人はこんなに仲良し





e0197895_8544186.jpg
息もぴったり♪
なんだもの。




…でもお連れさん、ホントはどうなの? 男なの女なの?





e0197895_8544462.jpg
「それはヒミツです」




野生の世界にも、あるのかな…同性カップル…???
ナゾは深まるばかりです。







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]
by cisco-noodle | 2013-05-11 09:49 | 草木染め | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/20469760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バル at 2013-05-11 15:16 x
ちょっと見ない間に面白そうな記事が増えてる~!!
レース針のモニター、お疲れ様☆
パイナップルレース、綺麗ですねぇ!レポートも楽しく読みました(^w^)
私のレポートはちょっと緊張して文章が硬くなってしまったのだけど、ちびえさんのレポートはいつも通り楽しかったですぅ☆
アフガン編みのモニター、企画されるといいですね(*^-^*)

そして藤の染め。
季節によって染まる色が変わるとは驚き!しかも薄い濃いだけじゃなくて色が全く違うの?!
5月は緑。
にはならなかったようだけど、もしかして気候の変化があるのかしら?
春にしては寒い日が続いたし、藤の季節感がずれてしまっているのかなぁなんて思ってしまいました。
緑色の糸、上手く行きますように!応援してます~☆
Commented by cisco-noodle at 2013-05-11 19:57
>バルさん
え?あれれ?すごくまじめにまとめたつもりなんだけど?www
モニター記事って難しいね。
歯の浮くようなおべんちゃらを並べても、メーカーさんも喜ばないだろうし、
だいいち自分が気持ち悪くてそんなの出来ないし。
かといって、急にかしこまって出来もしない分析を始めても
なんだかおかしいしね(笑)
アフガン編みはさすがにマイナーすぎて、モニター企画はないだろうなあ。。。

当店では、これからこーゆー色を[ミドリ]って呼ぶことに
…しないしない(笑)
何かを間違えてるんだろうなあ…自分も…もしかしたらフジも。
なんだろうねえ?
Commented by はる at 2013-05-11 20:23 x
こんばんわ〜♪
お嬢ちゃん、恋人なのか、姉妹なのか、親子なのか、謎ですね〜。
仲が良いのは、見てるとホッコリしますが(●´ω`●)

アミュレのレビュー、お疲れ様でした♪
針先の切れ込みが深いそうなので、欲しいモードが高まってます(笑)
でも、グリップの劣化が気になりますねー。
それが嫌で、私はクロバーの某針を見送り、可愛さもあったKAさんの竹グリップを選んだのですが…。

藤の染色、季節によっても違うのですね。
そういえば、桜の木も、可愛いピンクに染まるのは開花頃の枝で、他の時期はピンクにならないと聞いた事があります。
生き物って、不思議ですねー(●´∀`●)
Commented by cisco-noodle at 2013-05-12 06:11
>はるさん
お嬢ちゃんたちはとっても大人しいキジバトで
2人揃って他のキジバトに追っかけられたり、スズメにつつかれて悲鳴を上げたりしてます。
確かに番じゃなくても、弱いもの同士がなんとなく寄り添ってる
…そんな感じなのかもしれないなあ。

アミュレのグリップの素材は持ちやすさの点から柔らかい樹脂にしてるんだろうな。
針先の切れ込みについては、レース編み初心者としては
あんまり利点がわからなかったんだけれども
アフガン針だったらゼッタイ深く…というか顎のところを尖らせといて欲しい!
ねじり目を編むときとか、バックステッチのときはつくづくそう思いますね。

フジも含め、緑がどんどん濃くなって行く…のに
糸は緑に染まらない〜〜〜(染まってもすぐに褪せる〜〜)状態だけど
おもしろいのよ、これが(←すっかりはまっている・笑)
<< フジの若葉染め その3〜残液染め〜 レース針「アミュレ」 >>