フジ迷宮

なんと、関東も梅雨入りしたらしいではありませんか!
桜の開花といい、梅雨入りといい
今年は何かとせいておりますなあ…。



というわけで、5月最終の週になりました。
初夏のフジ葉染めの最終報告です。




e0197895_14541567.jpg
こんな具合。



「オイオイ緑はどこにあるんだ」
と思いましたね?


ハイ、今年はあきらめました。(←あっさり・笑)
本にあった緑に染める方法は、アルカリ水で葉を煎じて染めるというもの。
前回更新の記事に書いたように、現在のフジの状態で緑に染まりそうな液は
採れないと考えて、普通にお水で煮出しました





e0197895_14541923.jpg
緑はないけどバラエティー♪
(この画像は奇跡的に実物に近い色です!)




e0197895_14543797.jpg
こちら3色は1番煎+2番煎から採れた色。
最初に染めたもの(右)はわずかに緑を感じさせる明るい黄色
残液で次に染めたもの(中)は赤みのある黄色〜黄土色の中間
そのまた残液で染めたもの(左)は落ち着いたオレンジ
どれもきれいなはっきりとした色です。





フジを煎じた液はオモシロいことに
ただ放置しておくだけでも、だんだん赤みが増して行くんです。

ツルを剪定してベランダに放り上げておくと
その日のうちは何も痕がありませんが
3〜4日すると凄惨な事件現場みたいに赤茶色のしぶきのあとが現れてきます。
実に不思議な植物ですねえ…。





そして、煎じ液の色も、1、2番煎よりも
3、4番煎の方が赤みがあるんです。




e0197895_14544096.jpg
3+4番煎の液にアルカリを加えて、さらに赤くした液で染めたもの
最初に染めたもの(右)は小豆色。
一度色を入れた時点ではピンク色に近い感じだったんですが
媒染して、もう一度染液に戻したら黄色みと渋みが増してしまいました。
3、4番煎の液はもともと薄いので、その残液で5回色を重ねたのが中と左の2色。
同時に染めていますが、中のリリヤンコットンは肌色、左のタコ糸は小麦肌色。




緑は見れなかったけど
フジで染めた色はどれも強い感じで、
色相も豊かで楽しい&たのもしい♪

すっかりフジが好きになりました。
(緑は、きっといつか!)




「ところで、染めてばっかりで編まないのかい?」
と思いましたね?




e0197895_13562647.jpg
そちらは、当店きっての編み手が
ちゃくちゃくちゃくちゃく進行中♪




…近日公開(予定!)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ヒナを見せろヒナを!…というあなたに おまけ 】



〈ごはん処シスコ庵〉があるのは、南のベランダ東端。
ところが最近、東の窓の外がうるさいんです。



e0197895_13565464.jpg
こんなことになっておりました。
じゅくじゅく ちゅんちゅん ちちちち (←おそらく井戸端会議中・笑)




e0197895_13565665.jpg
風が強めの日(5/25)だったので、まんまるくん♪




ヒナたちは日増しにその数を増やしております。




e0197895_1357728.jpg
おや、もう自分でごはんを食べれるんだね。
えらいえらい。


…と思ったら、おもむろに





e0197895_13571765.jpg
e0197895_13572079.jpg
e0197895_13572561.jpg
e0197895_13572284.jpg
…豪快にエサ浴び☆ (砂浴びのつもりらしい…ぷっ)




大人になるまで、いろいろと
過ちをくり返すモヨウです(笑)







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]
by cisco-noodle | 2013-05-29 15:00 | 草木染め | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/20570465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はる at 2013-05-29 20:26 x
こんばんわ〜♪
連続写真で、餌で砂浴びしてると分かった瞬間、吹きました…ぷぷぷ(笑)
何をしてても、可愛くて愛しいですね(●´ω`●)

昨日、たまたまテレビをつけていたら、人間国宝の染織家の話を…最初のほう少しだけ見ました。
自然素材の染色って、本当に不思議で、思い通りにならなくて、大変…だけど、面白いのですね♪
新しい室内履き、楽しみです♪
Commented by バル at 2013-05-29 23:51 x
植物って面白いですね~!
同じ植物で染めたのになんてバラエティーに富んだ色合いがでること☆
ハマるのが分かる気がします(・・・しないけどw)
ちびえさんの実験を楽しく拝見させてもらってます(^w^)

こすずめさんたち、ふくふく可愛いですね!
あっという間に梅雨入りしちゃったからあっというまに暑い夏になるのかしら?暑さに負けず育つといいね☆
Commented by cisco-noodle at 2013-05-30 05:14
>はるさん
自分も興味津々で拝見しました。(りょう☆さんに教えていただいたからね!)
亡き父と同じ大正13年生まれで、80肩をかかえておられる
っていうところにものすごく親近感を覚えてしまった(←そこかい・笑)
それにしてもおしゃれで可愛い88歳でしたなあ。。。

スズメのちびっこたちは時間ドロボウです。
ごはんをねだるときも、餌浴びしちゃうときも
実に真剣なので、目を離すわけにいかなくなっちゃうんだもん!
Commented by cisco-noodle at 2013-05-30 05:24
>バルさん
数年前までは草木染なんて、全然興味なかったのに
ふとやってみたら、いやあこれがオモシロいのなんの!
ひとつの植物でこんなにあれこれ驚かされるなんてね。
世界中にいろんな植物があって、どれも何かしらに染まるんだろうから
これは底なし沼だよう〜(笑)

今朝は朝から霧雨が降っていてシスコ庵はびちゃびちゃ。
器を部屋に近いところに寄せて、なるべく雨があたらないようにして
お客さまをお迎えしています
雨が降ると気温が下がって、少し肌寒いくらいだから
大人も子供もまんまるふくふくチュンチュンだよ!
<< プロトタイプ マボロシの緑 >>