むらさき色は秋のいろ

日ごとに秋めく今日このごろ


e0197895_1429228.jpg



前回(9/9)の記事で気持ち悪い画像とともに
途中経過をお見せしたウール。





e0197895_14285380.jpg
染めあがりました♪
日本の伝統色/和色大辞典  紫紺(しこん)よりも深い紫です。





e0197895_14285623.jpg
並太ウール

あぁ、きれい…。涙涙。






e0197895_14285959.jpg
極細ウール

ムラになった色が、またなんともきれい…。涙涙涙涙。



前回記事の後、再び媒染して染液に戻すつもりでしたが
温湯で洗った後も深い色は抜けず、充分に濃い色が入っているので
この段階で終了としました。

この深み、輝き…実物をお見せできないのが本当に残念。




やはり、ヨウシュヤマゴボウの実は酸や塩を加えずに
単純に完熟果を自然醗酵させて、
(あの、気色悪い産膜酵母の力もおそらく借りて)
ミョウバンで先媒染したウールを浸し染めにするのが
もっとも深くて美しいように思います。





e0197895_14291372.jpg
9/10 am5:15:45
タメイキの出るような朝焼けでした。




秋だな
秋が来たのだな。




そして



e0197895_14545443.jpg
残液に昨日(9/10)から、
たまねぎ染めしたクリームイエローの糸を浸しています。
(→☆こちら の、子宝かあさんに「肌色だわね」と言われちゃった糸です。笑)


ヨウシュヤマゴボウだけの色よりも
少し黄色みのある赤に、うまくなったら大成功。
(わくわく♪どきどき♪)



シス公「いやはや染め家しす子さんも、夢中になるとキリがないやね」





そう言うシス公、お前さんだって。




e0197895_14291672.jpg
シス公「…えへ、えへへへへ」



久しぶりの極細道で苦しむおかみさんを見て
編み方シス公もついつい極細編みがしたくなったようです。




シス公「練習ですよ練習、なにしろこのチッサイのひとつ編むのに1時間もかかっちまうんだから!」




うふふ。
いずれ、何かに役に立つといいんですけれどね。





e0197895_14552074.jpg
窓の外には秋の空。





これからしばらくは秋の夜長、
いろいろやってみましょうよね。







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]
by cisco-noodle | 2013-09-11 15:12 | 草木染め | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/21053055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バル at 2013-09-11 18:30 x
うわーうわー綺麗な紫(うっとり)
秋ですね~v

オヤ糸でのアクセリーもとっても可愛い!
色合いが中華風でチャイナドレスとか似合いそう~(^ ^)

秋の夜長は読書もいいけど、手芸もすてきですよね♪
私も手芸をせっせとやるぞ!
Commented by cisco-noodle at 2013-09-12 07:35
>バルさん
実は洗って乾燥させるまでは、不安でドキドキしてました。
だってこの夏の実験はすべからく思いどおりにならなかったんだもの。
やっぱりこの色♪
ヨウシュヤマゴボウのミステリアスな魅力そのものでしょう?
まだ実は次々に熟していくところなので、糸の種類を変えて(ウールだけど)
もう1回は濃い紫を染めたいと思ってます。
そのあと4ヶ月は色を落ち着かせて、
年が明けたらお店に出すものを編もうと思います!
デザイン考えなきゃ!うきうき♪
Commented by きゃふぁにこ♪ at 2013-09-12 11:21 x
おめでとうございます!
とうとう納得のいくほれぼれする様な色に染めあがりましたねっ☆
私、「あの気色悪い」ての、お砂糖を入れたのかと思ってました~(笑)。
よい結果が出て、見上げた空は、なおの事美しかったでしょうね。 ^^

ん~、私もひさしぶりに編み物でもしてみようかー、、、と思いつつ、
なかなか行動が伴わない今日この頃でございます。。。 ^^;
Commented by cisco-noodle at 2013-09-13 05:43
>きゃふぁにこ♪さん
ありがとうございます〜!
いやあ、この子(ヨウシュヤマゴボウ)はね、やればできる子なんですよ!
昔から日本で親しまれていた麻、綿、絹には染まらず
日本にはなかった羊毛繊維には色がつくというあたり
舶来の植物の一途さを見たような気がします(?笑)
高いところの実はキジバトたちが喜んで食べているし
庭で育てて正解だったなー♪

ところで、最近ご近所の庭先にヨウシュヤマゴボウが芽を出してるんだよね。
元凶はやっぱりウチ…だろうな。。。汗汗汗
Commented by hideharu at 2013-09-15 21:05 x
お邪魔します。吸い込まれそうなほど深い紫,素敵です。まさに紫紺色ですね。確かに秋に紫は似合います。
Commented by cisco-noodle at 2013-09-16 09:06
>hideharuさん
この紫は1年後には少し赤味が勝ってきますがその色もなかなかきれいです。
2年後にはさらに赤く明るく、多少濁りはあっても濃い色が残ります。
不思議でしょう?
他の繊維には染まりもしないのに、ウールの上ではしっかり生き続けるんです。
今日のアラシで、2メートルを超す丈に成長したヨウシュヤマゴボウが
ポッキリ折れたらどうしよう。おろおろ…。
早く風が止んでくれることを祈るばかりです。
<< 小さなピアスをもう3つ 小さなピアス(とヨウシュヤマゴ... >>