ヨモギ染め〈完成編〉

計画的に少し早い時期に染め始め、
もう一度重ね染めをしようとしたところ
まさかの媒染液切れとなっていたヨモギ染め。
(ここまでの様子→




e0197895_13231912.jpg
色を重ねる前。




媒染液がなかなか濃くならないので
思い切って氷酢酸を加えてみました。
銅の抽出を早めようというわけです。



4/12に一度染め上がってから8日。
比重4まで濃度が上がったのでもう一度ヨモギを摘んできて
染め始めました。
(媒染→染色→媒染→染色 で1工程。約2日かかります。)




今朝未明(4/22)
ようやく染め上がりました。





e0197895_13233427.jpg
濃くなっているのがわかりますか?





e0197895_13232533.jpg
1番液と2番液で染めたオリーブグリーン。きれいな深みが出ました。


e0197895_1442223.jpgwebの色見本帳で見ると「鶯色」が一番近いかな?







e0197895_13232885.jpg
3番液と4番液で染めた草色。いやぁ〜〜ホントにきれいな色なんです。


e0197895_1441873.jpgこちらは見本帳にぴったりの色がありませんでした。







おもわずうっとり染め家しす子。





e0197895_13233162.jpg
番頭さん「ンフ〜〜〜」





番頭さんも気に入ってくれたようです。

ヨモギは色あせが緩やかで、
上手に付き合えば2年間ほどはこの色を楽しむことができ、
その後はゆっくりと褪せてゆきます。



寒くなる頃に、この糸でブーツやスリッポンを編みましょう。









....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]
by cisco-noodle | 2015-04-22 14:06 | 草木染め | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/22975712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< めざめ はたらきもの >>