暖かい冬の日に

昨日のお天気にはホントにビックリでした。

e0197895_15245068.jpg
紅葉したブルーベリーの葉。今年もたくさん実が穫れました。




一昨日の夜は激しい雨と風。
昨日の朝には次第に雨が止みました。
10時頃に陽が射したとたんに気温はぐんぐん上がり
湿気もあって、暑いと感じるほどに。

荒れ庭では、柿の木の落葉は終わったものの
紅葉、モクレン、藤…etcの落葉が。
陽射しと気温でさっさと乾いてしまったので
しかたなく庭掃除でした。





e0197895_15245628.jpg
塀際にひっそりと成長し始めたイロハモミジがきれいに紅葉していました。




この背丈60センチほどの小さなイロハモミジは
一昨年病枯した樹齢40年のイロハモミジの子供。
陽当たりがよくなって、やっと成長できる環境になったもの。
(しかし場所が悪いなー根っこは塀の下…。汗)





e0197895_15245911.jpg
今度の春にはもう少し内側に植え替えをしてやらなくてはなりません。





e0197895_152536.jpg
黄色い千両。




e0197895_1525687.jpg
とても可愛い♪




そして、荒れ庭の件の荒れ池。
掃除前の写真を撮っておけばよかったなあ。
水底も水面も一面が紅葉で覆われておりました。
編みでごっそりすくいたかったけれど
今の我が池には「フナ」と「コウナゴ」が棲息しているので
(どちらも赤白コメットと真っ赤な和金から産まれました・笑)
池に入って手で拾う羽目に。。。嗚呼。
(暖かくってよかったよ…)





e0197895_15251349.jpg
掃除後の金魚ズジュニアたち。
左に並んだ2匹が赤黒まだら。
(メダカみたいだったチビちゃんもだいぶ赤味が増しました)
中央のまるまる太った赤いのが三つ子のジュニアズ。
その向こうに「フナ」。
ここには写っていませんが、体長3〜3.5センチの黒い「コウナゴ」ちゃんたち。
合計8匹の今年生まれの子供たちです。





今年はあまり寒くならないんだって。
君たちたくさん動いてたくさん食べて
存分に大きくなりたまえよ。





e0197895_15251556.jpg
「フナ」激写。尻尾が長めでなかなか美形です(←親バカ)。





昨日は夜に風が吹いて、
今朝の荒れ庭は再び落葉で埋め尽くされておりました。
7時前から約2時間半、落葉を掃除して
ポカポカのひだまりでせっせとオーダー品を編んでいたら
いつの間にか爆睡。

ひ〜〜〜〜〜(汗汗汗)




嗚呼、師走がゆくよ。。。









....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]
by cisco-noodle | 2015-12-12 15:56 | Diary | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ciscon.exblog.jp/tb/23955677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はる at 2015-12-14 20:19 x
ご無沙汰してました。
今年は、変な天気が続きますね。
ちびえさんも、大女将さんも、体調など崩されていらっしゃいませんでしょうか。

そちらでは、冬も剪定の季節なのですね。
こちらは、冬は冬籠りのみなので、びっくりしました。
縦に長い日本って、本当に面白いですね(*^ω^*)

師も走る季節、ご自愛下さいね〜。
Commented by cisco-noodle at 2015-12-15 00:36
>はるさん
そうか、北の国は冬に剪定しないのか。
厳しい寒さを乗り切るために、木も力を蓄えておかなきゃならないからかな?
11月〜1月はあれこれと切る季節なんです。
ご近所ではもう、キンモクセイがきれいに整えられていて焦る〜(汗)

暖冬傾向とはいえ、寒いのは苦手なので
既に春が待ち遠しいです。
北の国でも、大雪被害など少ないといいですね…。
はるさんも風邪などひかないように御用心。

そうだっ!
こちらのコメント欄で失礼しますけど、ブログ10周年☆おめでとう〜♪♪
<< かぜながれと書いて風流と読む 冬を迎える >>