カテゴリ:あみもの( 116 )

暖かくて丈夫な底を目指して試行錯誤していました。



e0197895_12155290.jpg
左:カウチン糸+ナイロン混紡 中:アクリル100%+カウチン 右:アクリル100%+カウチン




床に接する側をアクリル100%の糸で。

…発想は良かったような気がするんですが、
内側に暖かいカウチン糸が出るようにメリヤス編みすると
実はタテ方向に伸縮性が出てしまいます。(中)

結論から言うと、ボディを編みつける時に穴ぼこができてしまって
ウマくない。




編み方をプレーン編みにしてみました。



e0197895_12155511.jpg
青い糸がアクリル100%、セピアはカウチン糸。



編み方を変えても、アクリル糸自体に伸縮性があるので
底としては頼りない。
第一、ボディの編み付けがウマくできませんでした。





む〜〜〜〜♨
「丈夫で暖かい底」は、これからも悩ましい課題になりそう。




気分転換に、新作を編んでいます。





e0197895_12155875.jpg
もうすぐ完成。。




頭の中にあるイメージを形に直していくのは
もどかしくもあるけれど、非常に楽しい。





e0197895_1216132.jpg
「ふ〜〜む」





e0197895_1216441.jpg
番頭さん「アンタ、ダレアルカ!?」




詳細は、続報を待て!
(ひっぱるぴっぱる)








....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

冬の室内履きの底を丈夫にするにはどうしたらよいか?


皮を貼るか?

いやいや、それではコストが高くなってしまう。
第一それでは編み物じゃない。


丈夫な綿(タコ糸)で底を編むか?

いやいや、それは寒い。



ということで試し中。



e0197895_9234611.jpg
左:カウチン糸100% 右:アクリル100%+カウチン100%


メリヤス編みの引き返し編みで床に接する部分はアクリル100%
内側はカウチン糸で暖かく。
これはイケルかもしれない。




e0197895_9234372.jpg
内側はこうなります。
青い糸がアクリル100%、セピアの糸がカウチン100%。





ここで問題が。

この編みかただと、確かに表と裏に2種類の糸が出ます。
しかし!
伸縮性が出る編み方なので体重がかかる底材としては
どうだろう???




プレーン編みとはゲージも違うので設計図からやり直し。
地道に試してみましょう。

何しろ糸の価格がかなり高騰しており
なんとかしてコストを抑えなくては、お高い室内履きやになってしまいます。
アクリル100%の糸を使えば他の糸が高くなった分を
これで調整できるかもしれません。





e0197895_9233857.jpg
寒いけれど、紅梅が咲き始めました…。




今シーズン中に答えを出せるのか…???(汗)




....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

極細修行が続いております。
(要するにヒマなのです・笑)


e0197895_12283911.jpg
さくらのつもりです。




立体の花を作るのは初めてです。






e0197895_12285038.jpg
第一段階は、こんな感じ。
花びらがどうもうまくいきません。
花の大きさが11ミリくらい。ちっちぇ〜〜。







e0197895_12285642.jpg
第二段階。少しカタチになりました。
第一段階はカナガワのイーネ用糸。
第二段階では花びらをミシン用シャッペスパンの2本取りにしてみました。
この方が細くて仕上りが柔らかくなります。






e0197895_12285940.jpg
そして第三段階。

さくらの花を編んでみたくなって試行錯誤。
花びらの丸みがちっともでなくて
サクラソウみたいになってしまいましたが
そこはシツコイ性格のヒマ人。





ここから、ちみちみと修行に励んで冒頭の形にたどり着いたわけです。





e0197895_1229540.jpg
かっちり編んであるので花の丸みや傾きは指先で形作れます。




うむ♨(←かなり満足している)





e0197895_12282937.jpg
ユキちゃん「ウメの花かと思ったわ」




(ぎぃくぅうううっ……た、たしかに…)





まあリアルじゃないけれど、イメージには近くできたと思います。





e0197895_12282644.jpg
番頭さん・スズメ小太郎「♪♪♪」





目がもの凄く疲れて、目やにがいっぱい出るんだけれど
ま、いいか(←十八番。笑)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎度同じような おまけ】




日に日にあたたかい時間が多くなり



e0197895_12282082.jpg
紅玉リンゴの苗がすくすく。





e0197895_12281517.jpg
どのくらいに育ったら、地植えにしてやればいいんでしょうかね?





e0197895_1228760.jpg
そして、7つ目の発芽が。



始めますか。〈シスコ果樹園〉。









....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

おーい、ちょっと集まっとくれ。



e0197895_15361096.jpg
暖かな午後、久しぶりにチェック隊を呼び出したシス公。

チェック隊「ナンダナンダ」





トゥーオヤを修行中なんだけど、ちょっと見てもらおうと思ってね。
本に載ってるモチーフをアレンジしてみたよ。





e0197895_15361249.jpg
ユキちゃん「あらかわいいわ♪ 糸がキラキラしてるのね!」

これはアンズのモチーフ。
色を変えて、花芯をつけてみたよ。
青い花の方は本にある通りの茎なんだけど
ムラサキの方は細い茎にしてみたのさ。(大変だったんだよ)





e0197895_15361536.jpg
こっちはカモミールのモチーフ。

トルコの人の感覚って面白いね。
カモミールのモチーフなのに花びらが黄色で花芯が白なの。
(本物は花びらが白で花芯が黄色です)

どうせだから茎と花芯もちょっと変えて青いのも作ってみたよ。




…どう思う?






e0197895_15361936.jpg
ユキちゃん「いびつよね」 チビゾ「がががんばっってるとおも、おも、思うっよ」





ぐっ
(ユキちゃん、いつも辛口なんだよなあ)






e0197895_15362242.jpg
番頭さん「カル〜イネ」



ややや、番頭さんいつの間に。
ちなみにあんたが頭に乗せてんのは失敗作ですよ。
まあいいや、気に入ったんならあげますよ。






e0197895_15362597.jpg
スズメ小太郎「とりちゃん作るんだね♡」


作りません。
それは失敗した茎です。





やれやれ…道のりは長いね。
けど、イメージにちょっとだけ近づけた気がするシス公です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




本日の おまけ】




…というほどのことでもないけれど




e0197895_15362877.jpg
紅玉リンゴの芽が4つに増えました ♪



とてもこれが樹になるとは思えないほど、やわやわでひなひな。
いつか花を咲かせる日が来るのでしょうか?
花が咲いたら、もしかして紅玉リンゴがなるんでしょうか?
(ワクワクワクワク…↑紅玉好き)





…っていったい、何年先の話だよ(笑笑笑)











....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

寒い日が続いております。


大おかみが「手甲(てっこう)」を編んでくれました。




e0197895_10284371.jpg
古いセーターをほどいた古糸をあれこれ合わせたボーダー柄が
そこはかとなくアヴァンギャルド…。




「編み物はおかあさんに教わって始めた」
一般的に、↑という方が多いのではないでしょうか?

自分のお手本は
幼い頃に同居していた叔母やねえやさん(?)。
見よう見まねで編み物を覚えました。




e0197895_10284646.jpg
左右で微妙に柄の幅が違うのは
…多分わざとじゃないと思います(汗)





なんともざっくり。
なんとも目が不揃い。
なんとも。





e0197895_10284180.jpg
「ちょーあったかい」




早起きグセがエスカレートして
am1:00頃から起きだしてせっせと手を動かす今日このごろ。
(そして、お昼頃に爆睡…あんまり早起きの意味がない・笑)

シーズン後半戦はこの手甲(またはハンドウォ−マー)で
バッチリ乗り切れそうですよ ♪♪




ありがとう、母よ。
(↑母作の手甲にハンドメイドの神髄を見た想いの室内履きや)






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




室内履きや史上最大のオーダーをいただきました。



e0197895_10283970.jpg
28センチ!



おかみさんの靴サイズ=21.5センチ
大おかみの靴サイズ=22.5センチ
姉の靴サイズ=23センチ
兄の靴サイズ=25.5センチ






ちび足一家で育ったので、これは想像を絶する大きさです(←コーフン中)




e0197895_10283526.jpg
チェック隊「ふたりで入れてヌクヌクだねー♡」




いや大きいね、楽しいね。





e0197895_10283723.jpg
番頭さん「ハヨアマンカネ〜」

はいはい(汗汗)




お待たせしておるお客さまの皆さん方、あいすみません。
急いで、でも慌てず、手は抜かず
せっせと作っておりますです。

いましばしのお待ちを〜〜!









....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

またまた前回の更新から、10日も経ってしまいました。
本日は室内履きや筆頭編み方のシス公がお伝えいたします。

植木の剪定をして全身筋肉痛になったり
大おかみの作ったものすごくしょっぱいぬか漬けを食べたりしながらも
おかみさんは元気にしております。



前回の記事で少し様子をお伝えした
熱にうなされながら、おかみさんが思いついた図柄。




e0197895_10475870.jpg
まずこんなふうにしてみました。




おかみさん「…気に入らない」

そ、そうですよね。
ははは…で、どこがどんなふうにで?

おかみさん「木がぺたんとしててつまらないし、周りの白いフチがイヤ」





e0197895_1048241.jpg
いや、そうかなと思ってこんな具合にもしてみましたよ。
木が立体的になるように工夫しましたし、周りはグレイですよ。
おかみさん、好きでしょう?グレイ。



おかみさん「う〜ん…違うんだなあ。こんな窮屈な感じじゃイヤなんだよ」




…こんな具合に、おかみさんがちっとも納得してくれないもんで
またまた苦心惨憺したってえわけですよ。

…で、完成したのがこちら。





e0197895_10481551.jpg
どうです?

おかみさん「これだよこれ!んもう、最初っからこうしてくれりゃあいいのに!」

(かんたんに言うな〜)




e0197895_10482092.jpg
大おかみ「あたしはこっち! 雪だか星だかわかんないところが好きだよ!」





e0197895_10482658.jpg
おかみさん「あたしはこっちだな。リボンを外したら落ち着いた感じだし♪」





ふう。
なんとか合格点が出たようですよ。





e0197895_10483529.jpg
ツリーのところの編み方考えるの、並大抵じゃなかったんですからね。






…ところで皆さん、
何だかおかしいなって思いませんか?




e0197895_10484422.jpg
左下と右上に、怪しいカゲが。

おかみさん「別に気取ってフレームつけたわけじゃないんだよ…」




おかみさんときたら
とうとう働き者のイクシくんを壊しちまったんです!

自作のカメラケースに入れていたんですが、
ケースに入ったままの状態で電源が入ってしまい、
当然、伸びたくても伸びれない状態のレンズが悲鳴を上げて
おかしな角度になったまんま戻らなくなってしまったんですね。
ふえ〜〜〜ん(涙)







e0197895_10484881.jpg
今朝(10/8)am5:30:42 すごい朝焼けでした。





哀れイクシくん。
水没させられたり、雨の中風の中さんざんこきつかわれて
とうとうこんなことに…。




おかみさん「こ、これからカメラ屋さんに行って来るとこだよ!まだわかんないよ!(涙涙)」





…イクシくんの運命やいかに!?

(またしても…つづく・・・・汗)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 10/8 追記 】



キャノンのサービスセンターに持ち込んだところ、
受け付けてくれたお兄さんが、目の前で「カチャ☆カチャ」

まるで魔法のように、イクシくんのレンズがもとの角度に戻りました!
すごい!!!
(パチパチパチ☆)

「荒療治なのでご自分ではやらないでくださいね」
と念を押されました。(←なかなか人を見る目のある若者・笑)





e0197895_17273629.jpg
復帰記念☆新宿の青空〜♪




それにしてもこのイクシくん(¥47,000くらい)と同レベル以上の物が
今は¥17,000くらいで出ているんだとか。

今回はお兄さんの「カチャ☆カチャ」で済んだので
修理代もかかりませんでしたが
部品交換やメンテナンスなどで1万円程度かかるんですって。




e0197895_17272949.jpg
…17,000円…かあ…。
(と、相棒イクシくんを眺める店主)




いや、いやいやいかん♨

何よりも、お兄さんの一言が胸に残っています。

「デジカメは日進月歩で性能があがっていますけど、
よろしかったら、これも大切に使ってやってください」




じ〜ん

なんていい社員をお持ちなのだ。キャノンさんは。




だから、これからもよろしく頼むね
イクシくん!



以上、お騒がせしました!・汗







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

気がつけば、暦はいつの間にか8月になり
はや8日。



室内履きのオーダーが落ち着いたのでアクリルたわしを編んでおりました。




e0197895_11145840.jpg
↑たわし担当の2人がチェック中

昨年の1月に編んだデザインのものを編んだわけですが
しばらくぶりだったので、すっかり編み方を忘れておりました(汗)




なにしろ、本を見て編むという習慣がないため
編み図も読めるようになっておらず、
当然編み記号の図はかけないので
独自の設計図を書いてはあったものの




e0197895_11151180.jpg
わけがわからん





e0197895_1115865.jpg
こちらにいたっては、設計図のデータが見つからず書き直し。





e0197895_1115143.jpg
チビゾ「どどどっどっか、かわかえわあわ…変わったの?」


うん、ビミョーにね。改良したよ。





e0197895_1115337.jpg
ユキちゃん「こっちはちょっとお花っぽくなったわ!」




そう。前に編んだ時は





e0197895_1115646.jpg
こんな感じだったからね。
(手前のネイビーが去年編んだもの)




たくさんご注文いただいた方や、
うんとお待たせしてしまった時に
おまけにつけているアクリルたわし。
2枚組みでお店に出してみようかな…と思っています。

↑なかなか大きさが揃うように編めてないくせに(汗汗汗)





・・・・・・・・・・・・・・・・・



【 おまけ ロング・アンド・ワインディング・ロードはまだ続く…





…が、がんばれよ、ドン・ロバート!






....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

足の甲に穴の開いた例の完成型を作ってから
早くも1週間になろうとしています。


お店用に23cmで作りながら
シス公が細かいところにひと工夫。




e0197895_16265248.jpg
できました。
手前が23cm用
シス公「穴のバランスが違っちまうんで、いやあひと苦労でしたよう」



しかし時間がかかり過ぎです(笑)
おまけに今日は雨で薄暗くて、もう夕方…。
お店用の写真は明日の午前に撮ることにして
ひとまずは、チラッとお披露目。




e0197895_16504735.jpg
おかみさん「ああもう、メジロみたいにきれいなオリーブグリーンなのに」
シス公「穴のつながるとこを見てくださいよ!
前のよりもグッと安定感があるでしょう?
増目をするところと減らし目をするところをね…」
おかみさん「ああもう、ホントに写真に色が出やしない」





e0197895_16515944.jpg
こちらがこないだのプロトタイプ。
シス公「ね? 縁取りにも存在感が出たでしょう? ね?」




明日もあいにく梅雨空らしいけれど
お店に出すための写真は、果たして上手く撮れるのでしょうか?



(期待せずに待て! 笑)





e0197895_162706.jpg
窓の外では昨日今日と、早朝に染めた糸が
乾こうと一所懸命にがんばっております。

梅雨だからね〜かわかないね〜。。。



以上、短い中間報告でした☆




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なんだいまたひっぱるのかよ、と思ったあなたへ おまけ 】



「ごはん処のアイドル写真館」


初のご来店からそろそろ1年。
キジバトのお嬢ちゃんは当店のアイドルです。



e0197895_16544485.jpg
他のキジバトたちよりも黒目が大きく
いつまでもあどけない半笑いの顔立ち(♡)




気弱で、新参者のキジバトやスズメたちにも
追い払われたりしていますが
おかみさんのことを、あまり怖がらない。




e0197895_16544269.jpg
たいてい「ぽーーー」としています。



未だ独身。
もう完璧にイキオクレです。いいのか、そんなことで。




e0197895_16544645.jpg
「ぽーーーーーーーー……」




…くぅう♨ カワイイぜ。。。







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

暦は6月になりました。


e0197895_16482910.jpg
道ばたでニョロニョロみたいに成長しているのは




e0197895_16482689.jpg
イチョウの新芽。実にオモシロい形をしています。




〈シスコ野草園〉では



e0197895_16495033.jpg
イノコヅチの新芽が成長中。
芽が出てかなり成長しても、葉っぱにウェーヴは現れないし、
色は明るい緑なので違う草かと思っていたんですが、やっぱりイノコヅチでした。(→
今は色も濃くなり、葉っぱにもしっかりウェーヴが。
新芽の根元が白金色に産毛で輝いています♪






さてと…。

前回ちらりと片鱗をお見せした室内履きの話です。




e0197895_16495443.jpg
昨年8〜9月にフジの葉で染めたココア色と、
つい先日染めたフジから染まった明るい黄色、
ヨウシュヤマゴボウの葉で染めた明るい緑。



これを使った新作です。




e0197895_1650378.jpg
現在この段階で
編み手シス公と染め屋おかみさんは思案中。

おかみさん「やっぱり穴はもっと大きくてもいいようだねえ」
シス公「コードやボタンで留めないで、穴の周りのカーブを活かしましょうよ」
おかみさん「問題は穴のとじ目の強度だねえ…」
シス公「黄色を二重にしたらどうですかねえ」
おかみさん「ううむ……」
シス公「むむう……」






e0197895_16501163.jpg
おかみさん「うん、穴はもう一回り大きくしようよ」
(↑ストラップ付きの室内履きを履いてずっと正座していたので甲に跡がついており、
痕がなかなか消えないお年頃でありまして、
やむをえず…ボカしました・しかも消えきってない。ははは汗)






e0197895_16501986.jpg
最初はU字のスリットで、ボタンかコードで留めるつもりだったプロトタイプ。




編んでほどいて、また編んで…。
プロトタイプが完成するまであと少し。

(…の予感)









....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

先日から


e0197895_8201131.jpg
こんなんなったり




e0197895_819596.jpg
こんなんなったりしていたレース編み。




Clover さんの新商品、レース針「アミュレ」
モニタリング企画に応募して、針を送っていただいたわけですが
約2年半ぶりのレース編みをすっかりなめておりました。

レース編みの人気ブログ「白い手帖」をいつも拝見しているので、
つい自分も編めるような気がしていた…。(←妄想だけは十八番)


今日はちゃんとまとめてモニタリング記事というのを書いてみます。



まずは完成品をお目にかけましょう!




e0197895_8193240.jpg
ど〜よ(←なにをエラそうに)

**「かんたんレース編み パイナップル/日本ヴォーグ社」に載っているコースターです**



レース編みをするのがあまりに久しぶりだったので
まず、これまで使っていた2号針で左奥のオフホワイトの方を編みました。
右手前のグリ−ンの方が、今回送っていただいた
0号と2号の針のうちの2号針で編んだものです。

もともと棒針だろうがかぎ針だろうが、アフガン編みだろうが
編み目がゆるくなりがちなクセがあるんですが、
アミュレ」は針先が小さく切れ込みも深いということなので
これでもか!これでもか!とキツく編んでみたわけです。

…で、キツく編みすぎて針がどうのというよりも
老眼が進みすぎていて、目が見えない(←編み目もオメメも・笑笑笑)という事態に陥り、
さんざ編んではほどき、ほどいては編み…涙涙。






e0197895_819442.jpg
ほらほら! 同じ2号針でもこんなに違うんです。
左が今まで使っていた針、右が「アミュレ」です。


なるほど、キツく編んであってもかなり楽に針先が編み目を拾います。
(↑だからといって調子に乗って、老眼で見えないほど小さく編んではイケナイ)

グリップも持ちやすいので針を持つ右手よりも
糸を張る左手の方が先に疲れました。
(↑もちろん一番最初に疲れるのは目なんですけども…)




編み上がりも


e0197895_8194894.jpg
けっこう大きさに差が出ますね!
左:10.5センチ四方 右:9.5センチ四方

外周の飾りはクサリを編みつけて、
最終段でコマ編みとピコットを編むデザインなんですが
グリーンの方はクサリを思い切りキツく編めたので
アーチが小さめになって、中央のパイナップルの方に目が行くので
自分としては好みです




e0197895_8194018.jpg
ま、コースターとして使うには若干小さくなりすぎた感は否めない…ははは。




こんな小さなコースターに何日もかかってしまうような初心者が、
モニターも何もエラそうなことは言えませんが
ちょっと気になることが2つ。

ひとつ目は、キャップが欲しいなー…ていうことです。
レース編みをよくされる方は、きっと素敵なレース針ケースなんかを
使ってらっしゃるのかもしれないけれど

e0197895_14193775.jpg
↑今を遡る3年ほど前、まだ老眼今ほど酷くなかった頃に作りました…遠い目。
自分はこんな感じなので、キャップがないとちょっぴり不安。



もうひとつはグリップの素材。
↑のかぎ針ケースの写真を見ればおわかりになると思いますが
グリップ付きの針を数本持っています。

そんなによく使ったわけではないんですが、
そのグリップが今はちょっとベタベタしちゃっているんです。

(↑柏餅食べてお尻で手を拭いて、その手で持ったりしてませんよ、ホントだよ!)


このベタベタは石鹸などで洗っておいても
しばらくすると、またベタベタしているみたいなので
材質の劣化なのかなー…と。

で、「アミュレ」のグリップの感じが、これと似ていたので
やっぱりしばらく使わないでおいてあったりすると
ベタベタしてくるのかな…?



…とまあ、こんな感じです。
気になった点と言っても実際に編むのには問題ないことですからね。
永遠の初心者が老眼と戦いながら編んでも
うん、とても編みやすい針だと思います!(笑)



Clover さん、いい針を作ってくださってありがとう!
こんな記事しか書けない初心者のくせに、応募してゴメンナサイ!
ユルシテ!






****** Clover さんへ追伸 ******

…アフガン針のモニタリング企画を是非!
ダブルフックの輪針なんか使いたい!使いたい!

(↑なにを言っておるのだ、なにを。しかも太字…)







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]