<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


from YouTube

これらの曲がおさめられたアルバム「COVERS」は1988年
リリース予定の2ヶ月前にレコード会社によって発売中止になったが、
レコード会社を変えて予定より数日遅れで発表された。

どこのレコード会社が発売中止にして、その背景に何があったかは
Wikipediaなど参照されたし。



発売中止だの放送禁止だの、もううんざりだ。


放射能はいらねえ 牛乳が飲みてえ 納豆も喰いてえ
何やってんだ 税金返せ ちょっとは人の話を聞け!

(↑一部よけいな歌詞をつけくわえてしまった…ごめん、キヨシロー)




....................................................................................................................................................................................

[PR]

e0197895_1859144.jpg
銀色のふさふさ



e0197895_1914858.jpg
いつの間にか紅色のふさふさになり



e0197895_1858543.jpg
咲いた。コブシだった。


街路樹のプラタナスが何本かコブシに植え替えられたのであった。
プラタナス好きなんだけどなぁ、でもコブシもいいかもなぁ。


e0197895_18584032.jpg
e0197895_18584724.jpg
「もお、がまんならねぇこの陽射し。咲いてやるっ」


重い毛皮のコートを脱ぎ捨てて、なかなか気持ち良さそうではないか。




....................................................................................................................................................................................

[PR]
e0197895_12355031.jpg
e0197895_12355645.jpg
e0197895_1236037.jpg
風で揺れる揺れる。


自分にもし娘がいたら「みもざ」っていう名前にするのに。


e0197895_12354266.jpg
ふわふわだ。




....................................................................................................................................................................................

[PR]
また、その名を知らない花に出逢った。


e0197895_206395.jpg
低木の細い枝から下向きに咲く。



コンコンコンコン

あなたのお名前 なんてえの あたしは ちびえと申します



e0197895_2065418.jpg
ニコイチ(ニコン一眼レフではなく2個で一対の意)だというところがとてもいい。


コンコンコンコン

うつむかないで そのお顔 いっぺん 見せてくださいな



e0197895_2073069.jpg
「チョットダケヨ…」
e0197895_2073623.jpg



コンコンコンコン

見上げてみたら こんなふう あなたのお名前 なんてえの?

コンコンコン コンコンコンコン コンコンコン



…返事がない。
念のために付記しておくが、手元に拍子木がなかったので
「コンコンコン」は口で言ってみた。
トニー谷も拍子木がない時は、そうしたはずだ。


え、トニー谷を知らない?
うーむ…そ、そうかあ…コンコンコン。



....................................................................................................................................................................................

[PR]

暖かく、青空の嬉しい一日だった。


e0197895_19524117.jpg
お隣も復興開始。職人さんはシゴトが早い!




ところで、町一番のイケメンが

e0197895_19523563.jpg
9月撮影

e0197895_19523890.jpg
被災。

こちらも復興を期待しよう。


不安や恐怖はウィルスのように伝染する。
唯一のワクチンは笑顔だ。笑顔を伝染させてやれ。


このところ暖房なしで生活しているので、ここ数日の冷え込みはキツかった。
…いや何を言ってる! 今日はパンも買えたじゃあないか。
このくらいの寒さでヘタレてどうする!
被災地の皆さんはもっとしんどいのだ。頑張れ自分。頑張れ日本。





....................................................................................................................................................................................

[PR]
誰あろう自分のことだ。
お国のためにも、困っている人の役にも立ちゃあしない。


e0197895_082781.jpg
明かりの消えた新宿伊勢丹 7:30頃


予定されていた計画停電が自分の住む地域では実施されず
新宿 PIT INNへ「GO THERE!」を聴きに行ってきた。

いつもなら歩きにくいほどの新宿が、人影もまばら。
店舗も節電に協力して、明かりを落して営業したり、
休業・閉店時間を早めるなどしている。
さすがに観客も少なかったが、熱い演奏と南さんのMC。
演奏中、かなり激しい揺れがあったがちっともコワくなかった。



e0197895_052227.jpg
こんな新宿は二度と見れないかもしれない。そう願いたい。



2ステージのあとアンコールを受けて、くわえ煙草の南さんがひとり
ピアノに向かって美しいメロディーを奏でだした。
「Misty」だった。

気づいたら落涙していた。

Look at me
I'm as helpless as a kitten up a tree
And I feel like I'm hanging from a cloud
I can't understand, I get misty…



歌詞から察するに恋の歌だろう。
けれど霧の中にいるように、木の上にうっかり上がってしまった子猫のように
今、誰もが helpless を感じている。
それを救おうとするかのように南さんのピアノが響いた。


「遊びに行ってくる。帰りは遅くなるよ」「えっ????」
出がけに、ばあさんはーー何を考えてるんだこいつーーという顔をして
やれやれと久しぶりに笑った。

自分にできることと言えば所詮、その程度のことなのだ。
不要不急で不謹慎。文句あっか。



....................................................................................................................................................................................

[PR]
一夜明けて腹が減ったので、アジフライを買いに行ってきた。

お隣のようにのし瓦が崩れた家屋はあるものの、倒壊などの被害もなく交通機関も復帰。
スーパーが大変混雑しており、フライが全て売り切れという由々しき事態ではあったが
昨日のことなど嘘のように町は平静だった。
昨晩は、さすがになかなか寝付けず余震が来るたびにビクビクしたが
今日は余震の揺れも弱くなり、テレビで各地の被害状況を見るにつけ
今回の地震の破壊力にただただ言葉を失うのみである。

一刻も早く救助を待つ人達のもとに、救助の手が届きますように。
レスキュー、消防、復興にあたられている方々も無事でありますように。

水戸の友人の安否が気になる。
泉田くん一家は無事か?
今回の地震。まったく人ごとではない。



....................................................................................................................................................................................

[PR]
2時半頃、強い地震。


e0197895_16405096.jpg
e0197895_16431732.jpg
e0197895_16432131.jpg
e0197895_1643281.jpg



お隣の美しい瓦屋根が崩れ、家中のいろいろなものが散乱。
父の遺影に水を供えてあったデミタスカップ他いくつかのものが壊れた。
水道、ガス、電気、電話みな今のところ無事。

尋常でない揺れに、階下へ駆け下りると
おばば(母)が幼女のように怯えてうーうーと唸っていたので
廊下へ連れ出し、大丈夫大丈夫と抱きしめてやった。
その後ろででかいコケシが棚からゴロゴロと倒れ落ち、
実のところ震えた。冷静であった。

こういう時の備えを何もしていないことが悔やまれた。
いざとなったら楢山節考よろしく、
おばばを背負って走る覚悟だけはできていることに驚いた。

まだ時折強い揺れがやってくる。
まだ手も震えているが、とりあえず無事である。



....................................................................................................................................................................................

[PR]

Águas de Março(3月の水)はジョビンの名曲である。

自分はエリス・レジーナとジョビンがロスで録音したアルバム
"Elis & Tom"のヴァージョンが大好きだ。


elis e tom - Águas de Março (from YouTube)


「棒切れ、石ころ…」から始まる言葉の連想ゲーム。
日本中世の連歌にも似た不思議な宇宙観が、ゆるやかに広がる。
訳詞にはいろいろな解釈があろうけれど、
シンプルに言葉だけを追ったものが好ましいと思った。

新訳「三月の水」/岩切直樹



彼の国ブラジルの3月は夏の終わり。
一方、こちとら日本は冬の終わり。



e0197895_20273077.jpg
e0197895_20272524.jpg
e0197895_20273244.jpg



東京の「3月の雪」は、ぼたぼた重たくて
ボサノヴァには不釣り合いだけれど、やはりはしゃいでしまった。



....................................................................................................................................................................................

[PR]

紅梅を見つけた。


e0197895_12445270.jpg
e0197895_1245756.jpg
紅くて紅くて心が躍る。


e0197895_12452882.jpg
光を透して枝にも紅が映っている。



話は変わるが、日本人は3という数字が好きらしい。

【三度目の正直】【仏の顔も三度】【三大○○】【3べん回ってワン】…
石の上で3年座り続けた達磨さんも大人気だし、
三三七びょーし!とかも大得意だ。


今日は3月3日である。



e0197895_124538100.jpg
日本人の好みに合わせて、そして撮影のために3ヶご用意いたしました。


e0197895_12454426.jpg
このつぶつぶ感がたまらん…(ゴクリ)


e0197895_12454798.jpg
東京ではもともとこちらの桜餅がお馴染み。
上手な職人さんが作ると、むっちりとした食感がこしあんによく合う。




ところで、日本人は元々はワルツのリズムが苦手な民族だ
という話を聞いたことがある。

ちなみに自分は大好きだ。

単車で足を負傷し、10ヶ月間病院に通ったことがあるが
その後、担当だった若い整形外科医に道で偶然出会したので
「もうすっかりいいんですよ、ほら、この通り!」
と華麗なワルツステップを歩道でくるくると披露したところ、
「いいですから、いいですから」と体を横に向けてじわじわと逃げられた。
ワルツが苦手だからってあんまりだ。



e0197895_12460100.jpg
全開(笑)

もひとつちなみに、桜餅も道明寺も葉っぱごといただいた方が断然うまいと思う。



きょーうは おいしい ひなまつりー ♪



....................................................................................................................................................................................

[PR]