<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

キクの花に寄ってみた。

e0197895_1751059.jpg
規則的に並んだつぶつぶの花芯と、アメ細工のような光沢のあるはなびら



e0197895_1751381.jpg
つぶつぶの向こうに隠れているのは菊マニアのちっちゃなカメムシ



e0197895_175191.jpg
ダイナミックに寄ってみる。



e0197895_17511336.jpg
こっちからも寄ってみる。



e0197895_17505799.jpg
ちょっと退いてみる。(あれ?)



e0197895_17505324.jpg
……オバQ?



e0197895_1751673.jpg
つぼみも…シャム双生児だ。



遺伝子の突然変異によるものだと思うとなにやら恐ろしく、
オバQそっくりではないかと思うとついニッコリしてしまう。
一輪で2度おいしいアーモンドグリコのようだと思えば得をした気分でもある。

いずれにしても菊マニアは花芯に埋もれてうっとりしている。



雨があがったとたんの夏のような陽射しだった。




....................................................................................................................................................................................

[PR]

お気に入りのアルバム。

e0197895_12554381.jpg

Fitzgerald & Pass Again

りきみはないのに力強いエラ・フィッツジェラルドのヴォーカルと
1音1音を愛おしげに奏でるギターの名手ジョー・パスの
ぴったりと寄り添うような共演がここちよい。



梅雨なので "Rain" をスライドショーにしてみた。


体をゆっくり左右に揺らしながら、一緒に歌いましょう。
英語は苦手だって? 大丈夫、自分も苦手だ。
それにこの曲なら大丈夫。
なにしろ歌詞は "Rain..." だけなのだし
ちょっと外れた音程は、雨音がかき消してくれるはずだ。
気持ちよくなったらそのまま眠ってしまってかまわない。


さあさ、ゆれてゆれて。

いち にい さん し ……




tune from the albam "FITZGERALD & PASS AGAIN" (1976)
Ella Fitzgerald (vocal) & Joe Pass (guitar)
music composed by Eugene Ford
photo : chibie




....................................................................................................................................................................................

[PR]

満開のエゴノキを見上げた。


e0197895_12431860.jpg
e0197895_124315100.jpg
いっせいに咲くのである。




e0197895_12432587.jpg
e0197895_1243212.jpg
こちらはうす桃色。


この木の実にはエゴサポニンという成分があって、
潰したものを池などに流すと魚がぷかぷか浮かぶらしい。
昔は漁に使われたこともあったとか。


写真を撮ったのは少し前のこと。
東京は、今日梅雨入りしたそうだ。



....................................................................................................................................................................................

[PR]

これな〜んだ。


e0197895_17355953.jpg
ふわふわのくるくる




e0197895_17361198.jpg
雨に濡れたんだね。




e0197895_17362298.jpg
誰かさんの天然パーマ?




e0197895_17363147.jpg
スカスカのマリモ?




残念でした。違います。




e0197895_17364525.jpg
e0197895_17364948.jpg
鉄線の花が散ったあと、こんなことになるんだね。
不思議な可愛いかたち。


ところで


先日のコーヒー染めの件。



e0197895_17365872.jpg
すっかり色、落ちました……。

上左:2度染め(牛乳薄め/手洗いゴシゴシ後)
上中:1度染め(牛乳なし/洗濯機ザバザバ後)
下右;1度染め(牛乳原液/手洗いゴシゴシ後)
下左:生成り
そして、下中が洗濯していない2度染め(牛乳薄め)



靴下ってゴシゴシ洗うじゃないですか。やっぱり。
ルームシューズとはいえ、足に履くからやっぱり洗うじゃないですか、ゴシゴシ。

ゴシゴシ洗ったら落ちちゃったのであります。色が。


上中の1度染めのものは、洗濯機で他の衣類と一緒に洗ったためか
あまり色落ちしていません。



染めもの、あなどり難し…!
(涙涙涙)



....................................................................................................................................................................................

[PR]

夏のような陽射しの中を、今日もさんぽ。


e0197895_18442531.jpg
ハルジオン
うっすらピンクなのがハルジオン、真っ白なのはヒメジョオンだと思っている。
山渓カラー名鑑【日本の野草】によると、北アメリカ原産の帰化植物らしいが
「〜ジオン」と「〜ジョオン」の名前の違いはなぜ?
お馴染みの花なのに、意外とミステリアス。




e0197895_18441610.jpg
カタバミ



e0197895_18441937.jpg
ニワゼキショウ
これも北アメリカ原産。あたり一面に群生していた。
丸いつぼみがつやつやでころころで可愛いのだけれど……画面に入ってないじゃんね。



e0197895_18443188.jpg
これは色違い。



e0197895_18442254.jpg
せっかくなのでカタバミとコラボ。



図鑑で花の名前を調べていると、あっという間に時間が経ってしまう。
山渓カラー名鑑シリーズは20年近く愛読している名著だ。
ま、名前をいっこうに覚えられないので、読み返す回数も増えるんだけれども(笑)



....................................................................................................................................................................................

[PR]

e0197895_12355553.jpg
e0197895_12355274.jpg
e0197895_12354939.jpg
e0197895_12354686.jpg
e0197895_12354345.jpg



おかえり。
また会えてとても嬉しい。

ごめんね、この空をまた汚してしまった。
君たちの小さな体にどれだけ深い傷を付けてしまうのかと
それを思うと苦しくてたまらないのだけれど、
本当は帰ってこないことを願ってもいたのだけれど、
海を越えて命がけで帰ってきてくれて、ありがとう。

愛しています。




....................................................................................................................................................................................

[PR]

日が長くなったので夕方さんぽ。


e0197895_191447.jpg
夕陽を見つめるサンタさん




e0197895_19135882.jpg
e0197895_191426.jpg
夕陽を浴びるつつじ




e0197895_19141413.jpg
夕陽に踊るテリア




e0197895_19141171.jpg
コーヒー染めの雲




一秒単位で光が変わる夕方の散歩はとても楽しい。




....................................................................................................................................................................................

[PR]

似たようなものを、またひとつ。


e0197895_13354094.jpg
コーヒー染めした綿糸でアフガン編みのルームシューズ。
新作です。



e0197895_13354049.jpg
e0197895_13354271.jpg
表目をメインに、裏編み部分で糸替えをしてアクセントにしました。


履くと伸びてくることがはっきりしたので
今回の編み目はきっちきっちやで。
(あくまでもぴったんこにこだわります・笑)



e0197895_13354929.jpg
きゃっきゃっきゃっきゃっ ♪♪
(↑もはや定番のおおはしゃぎです)





e0197895_13355181.jpg
先週は雨も多く、かなり暑い日もありました。
今年の夏は平年以上の暑さになるとの予報を聞いて
早くもぐったり。


ガリガリ君の買い占めとか起きないことをそっと祈る今日このごろ。




....................................................................................................................................................................................

[PR]

綿の生成り糸は、染めもの初心者の格好のエサであります。


e0197895_18441123.jpg
編み上げた物をコーヒー染めにしてみました。


糸を染める途中で、思いつきで追加したので
最初の行程 <牛乳に浸す> をやっていません。



e0197895_1844195.jpg
ムラもなく、浅めの染め上がり。
左から、2度染め(牛乳浸しアリ)/1度染め(牛乳浸しナシ)/生成り


e0197895_18435444.jpg
ハギレでリボンを作って靴ひもにしたのであります。




e0197895_18441660.jpg
きゃっきゃっきゃっ ♪
(↑性懲りもなく生足でおおはしゃぎです)



ところで、この綿糸のルームシューズシリーズ。
履いているとだんだんノビてきて、ぴったんこじゃなくなってしまいました。
がっくし。
(きっちきっちに編んだ方がよかったようですな・笑)



....................................................................................................................................................................................

[PR]

ひどいムラ染めになってしまった初回を反省材料に、
牛乳1:水1に薄めたものに浸して乾燥させたところ
ひどいムラにはならなかったものの、今度は少し染め上がりが薄かったので
2度染めにすることに。


e0197895_19262913.jpg
大量のコーヒー(デガラシ)を煮出します。
豆の量に対してなべが小さいので、2度に分けて煮出してたっぷりのコーヒーに


e0197895_19263186.jpg
糸を投入。編み上げた物も思いつきで投入(笑)


ここで、トイレに立って台所に戻ったところ
ホーローなべの蓋を取って固まる母80歳に遭遇。

「…めずらしいわね」


何が? 台所に立つ娘が? それとも…


e0197895_19263557.jpg
巨大お揚げ入り煮込みきつねそば…が?




う〜む。あまりうまそうではない。




e0197895_19265977.jpg
e0197895_19264566.jpg


道ばたにイソニガナ(orカワラニガナ)が咲いていた。
工事用の砂にまじって運ばれてきた種が根付いたものだろう。
おしべの先端が2つに分かれてくるっとなっているのがお判りだろうか?

実にいい。
(ちなみに周りの細長い葉っぱは、おいしいのびるである)




....................................................................................................................................................................................

[PR]