<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ヨウシュヤマゴボウ染めを使った室内履きを作ってから半月。

魅力的なブルーの糸を使った室内履きを作っていました。
前回の記事にチラリと書きましたが、
きゃふぁにこ♪さん家の美しいブルーボタンインコ
「B.B くん」に触発されて衝動買いした糸です(笑)




e0197895_13594256.jpg
ブルー〜紫〜エメラルドグリーン…。
素材をフェルト化させてあり、全くと言っていいくらい伸縮性がない糸。
糸が空気を含まないためか、あまり暖かくありませんが
モールのような光沢感があり、太さのムラや発色のよさに味があります。

2本取りにして、内側と底にウール糸を使えば暖かいんじゃないかと思うんです。




オーダー頂いたものを作ったり
スズメやハトに気を取られたり
あんなことやこんなことしたりしながら





e0197895_13594640.jpg
昨晩ようやっと完成。

チェック隊「オオゥ!」



またまた難産でした。(by シス公・笑)





e0197895_13595123.jpg
子宝かあさん「ツチフマズがへこんでないわ!」



そうなんです。




e0197895_13595563.jpg
スズメ小太郎「つま先が上向いてるよ!」

よく気がついたね。(←シス公にっこり)



さっそくおかみさんに履いてもらいましょう。




e0197895_13595827.jpg
子宝かあさん「アラ?足首が細く見えるんじゃない?」


おほん。

今回のおかみさんのムリな注文はね、
「甲をすっぽり包む暖かいカタチで、足のカタチがきれいに見えるような室内履き」
だったのだよ。



甲の長さを伸ばせばいいだけじゃないかと思ったんだけどもね、
「染めた糸やお高い糸を使えるように、色糸は前回と同じくらいの分量」
なんていう条件がついたので、
モノトーンのベルトで甲を覆うことにしたわけだ。




e0197895_140454.jpg
左:完成型に近いカタチ 右:はじめに作ったカタチ


確かにベルトで覆って暖かくはなったんだけど
大おかみが「何だか黒いホウタイ巻いたみたいね」
なんて言ったものだからさあ大変。

足首に合わせてベルトの角度を変えようってことになったもんだよ。




e0197895_1401189.jpg
左:改良後 右:改良前


確かにね、こうした方が足の形が細長に見える。
タテ方向に分量が出たので、ヨコ方向が小さいように感じるんだね。

なんたって、おかみさんの足は寸詰まりだから(イテテっ←つねられた)

ところがこうすると、ツチフマズをへこますのが難しくなるんだ。
だから始めに戻ってつま先を持ち上げてみたんだよ。





e0197895_1401762.jpg
おかみさん「なるほど履けばつま先が下がってツチフマズができるってワケだ!」



やれやれ、些細なことなんですけどねえ。
カタチにするのはひと苦労。





e0197895_1402353.jpg
おかみさん「あったかくて気持ちいいよう♪」


うんうん。
底がカウチン糸で厚みがあるし、
モノトーンのベルトは暖かい糸だから
ぬくぬくに仕上がったでしょう?



あれこれ試して、編んではほどいて…。

ホントに些細なことなんだけれど
やらずにおれない頑固な室内履きや。

もう1足同じデザインを編んで、お店に出すかを考えましょう。




ちょうどやり直しをくり返している時に、
某サイトで、倒産してしまった「雄鶏社」さんの手芸本に載っていたものと
そっくり同じ色、デザイン(おそらく編み方も)のものが
売られているのを見かけてがっくり。


(*一部記事を削除しました。1/30)


おかみさんもシス公もアーティストではありません。
作家でもない。
行き詰まるし、失敗するし、悶々とする。


でも、これからもオリジナルを作り続けると思います。
だって、そうでなくちゃ
…ワクワクしないんだもの!





なんだか長くなっちゃった。。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・




お口直しに おまけ 】



e0197895_1402760.jpg
スズメ小太郎「こんなきれいなコがいるのかあ……♥」
番頭さん「コタロー、ペシャンコナッテルヨー」




小太ちゃん、重すぎ(笑笑笑)








....................................................................................................................................................................................

[PR]

ごはん処シスコ庵の前庭は藤棚。
ちっさな常連さんたちは、ここに集まってごはんを催促します。

いつものごとく
働き者の IXYくんにオペラグラスを装着して
なんちゃって望遠。




e0197895_1131588.jpg
まんまるふくふく



スズメというのは実に面白くて
数羽ずつ集まってきて数が増えてくると
いっせいに同じ行動をするクセがあるようです。




e0197895_113121.jpg
「せーの」で始まる身繕い(笑)

ごはんを食べる時もいっせいに食べようとするから
ぎゅうぎゅう詰めになってケンカが始まるんだよ。






e0197895_1131716.jpg
あ、とんでっちゃった…。

ひとりになると、ものすごく不安そうです。





ぐふっ、きゃわゆいぜえ。




一方、新作は3歩進んで2歩モドル。



e0197895_102457100.jpg
あれこれ地味〜に試しているので、ツナギメだらけになっております。


キレイな色の糸でしょう?


実はこの糸は衝動買いしたもの。(ま、これに限らず衝動買いが多いんだが・笑)
当ブログを暖かく見守ってくださっている
きゃふぁにこ♪さん とこのブルーボタンインコくんがあんまり美しくて
手芸屋さんでこの糸を見たときは、思わず
「B.B!(←彼の名前です)」ってちっちゃく叫んでレジに走りました。





あれこれ試してはうんざりしたり
もういいや…って投げやりになってみたり。
別な用事で中断しながらなのでえらく時間がかかります。
結局は自己満足程度のことなんだけれど
そこはほれ、無駄な努力家ですからね。

もう少し、もう少し、いじくり回してみようと思います。






....................................................................................................................................................................................

[PR]

e0197895_1751569.jpg
さぶい…。

↑ごはんが食べたいのに、器の上にいる新ちゃん(キジバト)がおっかなくて
指をくわえて(くわえてないけど)見上げている。





寒いですねえ…。

今日は雪にはならなかったけれど時々雨。





e0197895_1751625.jpg
野草園の成長株、シロザはついにおかみさんの目線より背が高くなりました。
下の方は葉っぱがだいぶ落ちてしまったけれど、
先端には新しい芽が次々に顔をのぞかせています。





………。

いえね、お見せするようなものがないんです(笑)






e0197895_1751681.jpg
新作はゆっくりのんびり調整中…。

暖房を使わないことにしているので、
もさもさ着込んで、シュラフに足を入れて作業してます。





イメージだけを頼りにカタチを作っていると
ときどき着地点がわからなくなって、
やたらと遠回りをくり返します。

今日はそんな一日でした。


明日はお天気になるかしら?








....................................................................................................................................................................................

[PR]

いやはや一昨日(1月14日)は大した雪でした。


e0197895_14334557.jpg
東京でも都心で7cmの積雪。
都心から少し離れた我が家のあたりでは12cmくらい積もりました。





何年ぶりかのまとまった雪に
降った当日の夜、はりきってせっせと雪かき。
翌日(きのう)さっそく筋肉痛の洗礼を受けました。

翌日痛くなるってあたり、まだまだ若いってことだね!





いつもの道を奇妙なダンスを踊りながら歩いていると
(↑雪に足を取られて手足がばたばた・笑)


雪の匂いに混じって、いい香り…。




e0197895_14334983.jpg
蝋梅です。





e0197895_14335248.jpg
雪の重みで落ちた花が。





e0197895_1433566.jpg
ああ、いいにおい。。。





e0197895_14335939.jpg
あちこちでつぼみが開き出しています。

昨年はブログに載せなかったけれど、
一昨年も1月に、このロウバイの写真を撮っていました。(こちら→




また今年も、春へのカウントダウンが始まってるんだね。




…まだすごく寒いけどね(笑)


ちなみに今日は昨日よりも筋肉痛がひどくなっており
全身くまなく油切れのロボットみたいになっております。

雪かきを甘く見ちゃあいけませんぜ。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 あの日、シスコ庵のお客樣方は 】


e0197895_1434272.jpg
限界ギリギリまで体を膨らませるセグロ&ツリメ夫妻
…と空を仰ぐちっさい常連客。




お食事を召し上がったあとも、雨宿りならぬ雪宿り。




または





e0197895_1434436.jpg
めし〜〜、めしをくれ〜〜〜〜



食べても食べても満たされない腹を抱えて
映画「八甲田山 死の彷徨」よろしく
お向かいの屋根を彷徨っておられました。。。。




そんなわけで、昨日、今日の食いつきっぷりときたら
ハンパないです(汗)








....................................................................................................................................................................................

[PR]

新しい年を迎えて、
また新たな室内履きをつくり始めました。


e0197895_141582.jpg
1月6日
ピンクはヨウシュヤマゴボウで染めた糸。黒い糸は極細のアンゴラ混。
どちらも2本取りで使おうとしています。




専用の工房があるわけでもなく、
集められる植物の量も多くはない。
必然的に、一度に染められる糸の量は限られています。
さらに、同じようにしているつもりでも
染める度に仕上りの色は微妙に違ってしまう。

つまり、同じ色を大量に揃えることができないのです。


そこで、おかみさんは考えた。
「底に別な糸を使えば、1色で1足作れるんじゃないかしら?」




e0197895_142152.jpg
1月8日
試行錯誤の末、最初の形ができました。
ここからさらに改良します。




底はカウチン用の糸を使って厚めにしっかりと。
床から来る「冷え」をしっかり防ごうというわけです。




e0197895_142515.jpg
1月10日
シス公「よし、でけた☆」
つま先に近いところから直して、やっとできたプロトタイプ。


でかしたシス公!



…と、ここで大団円にならないのが
シスコ室内履きやの困ったところ。

肝心のピンクに染めた糸が、もう片方編むには足りないことが発覚。

ヒョオォォォォォ〜〜〜〜〜〜
(↑店内を吹きすさぶがっくりの嵐)




ええい、やめだやめだあ!

と、一度はあきらめかけたものの…





e0197895_1421099.jpg
チェック隊「ホウホウ フンフン」

デザイン変更。
おかみさんが生来のあきらめの悪さを発揮して
何とか形に仕上げました。

だって、色をちゃんと見せられるのを作りたかったんだもの…



e0197895_142169.jpg
シブイさん「なるほど、かかとはモノトーンにしたってワケですか」
子宝かあさん「ツチフマズがへこんでるわ!」


そうです。子宝のおかあさん。
ソコが底、もうひとつのこだわりポイント。
ツチフマズをつけてあると、脱げにくく、フィット感もいい。


子宝かあさん「履いてみせてよ!」




e0197895_1421971.jpg
どう?

チェック隊「ぴったんこ!」





e0197895_1422340.jpg
子宝「ホントだ。これなら素敵に踊れるんじゃない?」
シブイさん「こ、子宝の奥さん、ソイツを言っちゃあ…」



見たい?
チェック隊「…(きたきた)」




e0197895_1422666.jpg
そうだよね、なにしろぬっくぬくで気持ちいいんだし…




e0197895_1422914.jpg
ぴたぴた ぴったり ぴったんこ♪

シブイさん「ほうら始まっちゃった…」





e0197895_1423315.jpg
ヨッ☆

スズメ小太郎「足ツラナイでねー」





これなら草木染めの色をしっかり楽しんでいただけるし、
つま先側にちょっとお高い糸を使っても
価格も低めに抑えられる!

なにはともあれ、新作の原型ができたというわけです。
めでたしめでたし☆



次は、つま先側に「大して暖かくないけれど、魅力的な糸」
というヤツを使ったのを編んでみましょう。

底がとっても暖かだから、きっと暖かくできるはず!

…↑あくまでも予定ですけどね(笑)





e0197895_1423633.jpg
シブイさん「なるほどなるほど、新しい編み方か… " ザル編み " って言う名前にしたら?」

おだまり。






・・・・・・・・・・

【 おまけ 】


ポカポカ陽射しの中で、ごはん処を掃除していましたら


e0197895_144591.jpg
刺すようなスルドイ視線。。。

e0197895_145327.jpg
とっとと済ませてメシにしてくれよ、おばさん☆


ガンとばされました(汗)







....................................................................................................................................................................................

[PR]

寒い日が続いています。

e0197895_19231142.jpg
夏にタラノキの枝をポッキリ折ったところから、
樹液がしみ出してキラキラべっこう飴色の塊に。




我が家の荒れ庭は剪定のシーズン。
天気がよければはしごを持ち出して、あちこち枝切りをしています。




e0197895_19231668.jpg
荒れ庭のあちこちにどんどん増えてゆく「もさもさくん」こと竜の髭。





e0197895_1923215.jpg
もさもさ頭をかき分けると、マリンブルーの実がたくさん。





e0197895_19232486.jpg
この実を「竜の目」と呼んでいるのは我が家だけ?



手入れをしたって大した変りはなく
今年も夏にはわっさわさの荒れ庭になるんですけれどもね。




一方、ごはん処シスコ庵には少し変化がありました。


美脚の奥さん&若旦那夫婦が姿を見せなくなり
かわりに別なつがいが訪れるようになったのです。




e0197895_19234614.jpg
判りにくいとは思いますが、右が体の大きなメス。
左のオスはまだ小柄でオトナの羽毛になったばかりらしい。



年末頃、美脚の奥さん夫婦がやたらと警戒心むき出しになり、
トタン屋根の上でなにやらドタバタやっていたのは
この若夫婦と縄張り争いをしていたのかもしれません。




e0197895_19235478.jpg
若いオス。肉眼で見ると他のキジバトに比べて明らかに翼の色が黒い。
自分にはやたらとなつこいんですが、なかなか血気盛んに勇ましい。

姉さん女房と思われる奥さんが飛び立つと
すぐさま後を追いかける愛妻家のようです。





e0197895_19235755.jpg
コチラが奥さん。体が大きく警戒心が強い。
頭から首にかけての色が白っぽく、魅力的なツリメの美しいコです。





e0197895_1924049.jpg
ね?ツリメの美人でしょう。



「背黒くんとツリメちゃん」と呼ぶことにしました。




美脚の奥さんは、シスコ庵の第一キジバトだった。
でもこれも仕方の無いことなのでしょう。
どこかで若旦那といっしょに
楽しく暮らしていてくれるといいんだけれど。




・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 一方、室内履きやでは 】


e0197895_19234126.jpg
おかみさん「この継ぎ目はなんとかならないのかねえ」
シス公「なかなかうまくいきませんで」

おかみさん「…でもあれだね、ここのツチフマズのところ
とってもいいじゃないか!」
シス公「でしょうぉぅお? これがね、なかなかタイヘンなんですよ
この底のところをね……」




なにやらまた、やらかしているもよう。

カタチになったらお披露目したいんですが、
いったいいつになりますことやら(笑)







....................................................................................................................................................................................

[PR]

昨年のウチに仕上げて…と思っていたブーツが仕上がりました。


e0197895_11362325.jpg
みどりのとオレンジのぬくぬく♪

〈シスコ室内履きや〉カタログサイトに出品中。
レンタルボックスサイトminne(ミンネ)、フリーマーケットサイト tetoteにも出品中です。




カウチン用の全く撚りのない糸(セピア)を使って
足首まで包み込むデザインにしたので、
こりゃあったかい ♪




e0197895_11364124.jpg
シス公「おかみさん用に22cmのちび足サイズで編みましたよ。
なにしろちっちゃいんで、先端を細くして実際のちび足サイズよりも少し長くしてあるんです。
だってそうでもしないと、せっかくの模様がスンタラズですからね!」




おほん☆
(余計なことは、いわんでよろし!)




e0197895_11364569.jpg
足首でボタン留めにしたので着脱もらくちん ♪

シス公「足首あたりはゆるめに、おまけに伸縮性のある編み方にしたんで
留めたまんまでも脱ぎ着できますよ。
無精なおかみさんには都合がいいでしょう!」




お、おほんほん☆
(お黙りよ、シス公!)




e0197895_11364964.jpg
こちらは23.5〜24cm用です。

シス公「ね?この方が模様の出方がいいでしょう?」



おほんおほんおほほん☆

オレンジの色が軽いので、前にもしたように
深紅の極細麻糸(織り糸)を引き合わせて、色に深みを持たせました。





e0197895_11365371.jpg
シス公「あはは、おかみさん、詰め物が厚すぎてミッキーマウスの足みたいだ
あははあはははは…いてて、なんでツネルんですよ」






e0197895_1114342.jpg
足首のボタンは、中古品の金属ボタン。
(いい味出てます。グリーンとオレンジで柄が違います・笑)




ところでこの模様、どっかで見たゾ?
…と思ったあなた、さすが!スルドイ!




e0197895_1130821.jpg
一昨年の秋に作ったものと編み方は同じなんです。



空とぶ編み物を夢見るシス公の模様編み。
(空は飛べなかったけれどね・笑)




e0197895_1114616.jpg
ぬくぬく ♪ ぴたぴた ♪ ぴったんこ ♪
…とくれば当然

e0197895_1114920.jpg
ひと踊り ♪♪





新年に、夢を広げて参りましょう。





・・・・・・・・・・


【 闖入者あり☆ 】


e0197895_112347.jpg
シスコ通信によりますと、
昨日昼頃、都内のんきな街の飲食店兼服飾店に
空き巣が入りました。





e0197895_112893.jpg
犯人が店内を物色し、
デザインデータを保管しているMacに何やらしようとしているところを
店主が発見し、事なきを得たモヨウです。

店主「そりゃあなた、たまげたのなんのって!
やっこさん、すっかり泡喰っちまって出口がわかんなくなっちゃったもんだから
年末せっかくきれいに磨いたガラスに向かって、どっかんどっかん体当たりですよ!
そっと両手でつかまえて外へ出てもらったんだけども
やっこさんも、ハナセハナセってもがくんですよ。
いやあ、ほんとにたまげたもんですよ!」





こちらが犯人のお嬢ちゃんと思われます。(今朝撮影)



e0197895_1121880.jpg
↑「なんのコト?」って顔をしてますが、足の付け根あたりの羽毛が抜けてます(笑)

e0197895_1122377.jpg
ごまかし笑い



なお犯人、被害者の店主、共に怪我はなく
ふたたびのんきな日々を送っているとのことです。

お正月休み中の皆様、戸締まりにはくれぐれもご注意を!





e0197895_1122746.jpg
…当店重鎮は、ものすごく嬉しそうですけどもね(笑)








....................................................................................................................................................................................

[PR]

2013年
あけましておめでとうございます。



e0197895_13225812.jpg
〈New Year Card -1988〉




1987年/木版(朴)/はがき


"Desejo-lhe um feliz é pros pero ano Novo."
は、ポルトガル語の新年のご挨拶。
かなりかしこまった古くさい感じの言い回しらしい。
ニホンゴでいうならば「新しき年のご多幸を念じ申し上げ候」みたいな。


当時の自分は、12月31日も深夜12時近くまで仕事をしていた。

家路を辿っていたら他に興味をひかれてしまい、
気を取られるうちに東雲の頃となった。
…ていうようなイメージでデザインした図案。



今も「○○しようとしていたら、△△に気を取られて…」というところは変わらない。
↑これってひょっとして、自分のスタイルなのかも?(笑)






・・・・・・・・・・・・・・・




ごはん処シスコ庵は、元旦も休まず営業中。



e0197895_12482031.jpg
新ちゃん、少し大きくなったようです。
胸のあたりに残るうろこ柄が「遠山の金さん」ふうで、なかなか男前。
(↑まだ確信はありませんが、多分男の子です)





新ちゃんはまだ子供なので、警戒心が薄い。




e0197895_12481747.jpg
指先からの距離は約40センチ。



「新ちゃん、ごはん食べるかい?」と呼ぶとベランダのはしっこから
たかたかたか…と走ってきます。

くぅ〜、かわいいぜ。




今年も呑気なシスコ室内履きや、シスコ庵を
どうぞよろしくお願いいたします。







....................................................................................................................................................................................

[PR]