<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あっという間に秋は深まり、明日で10月が終わります。



10月7日から染め始めたヨウシュヤマゴボウ染めの糸です。


e0197895_13112477.jpg
あーもー、色が実物と違うんですっていうのも言い飽きました(今回も違う〜涙)




e0197895_13113470.jpg
1回目:10/7〜11で染めた色。
今回はかなり青味の強い紫にあがっています。




e0197895_13112698.jpg
2回目:10/11〜16で染めた色。
1回目の色と色味はほとんど同じ。明るめのきれいな紫です。

今回は、これまでとは違うウールとこれまでと同じ極細のウールを染めましたが
この2回目の極細ウールの色ときたら
透明感があって明るく発色のいいパープルです。

(多分2ヶ月もすると少しくすんで赤っぽい紫になるんだけどね)




e0197895_13113170.jpg
3回目:10/16〜21で染めた色。フジ色です。

この最後の色はこれまでと同じ糸を染めました。
色が薄くなる予想がついたので
手持ちの中で一番色付きのいい糸を選んだのです。




今回使った実はつまんだだけで潰れて液が飛び出すくらいに
完熟したもの。
でも、もすこし早いうちに摘んだ黒い実と比較して
差はほとんど感じられませんでした。





e0197895_13113713.jpg
前列:10月の色 後列:9月の色
(もう写真の色のことはあきらめました…)


今や、室内履きやの店内はムラサキの洪水です。(笑)




2〜3ヶ月待って色が落ち着いてからカタチにするのが
スジってもん…ですよね。。。。。
でも、染めたてのジューシーな色も味わってもらいたいなあ…。

おかみさんの悩みはつきない。






荒れ庭ではサザンカが咲き始めました。


e0197895_13114182.jpg
編んじゃおうかなどうしようかな。




悩むおかみさんをよそに




e0197895_13114636.jpg
久しぶりの暖かい陽射しに大はしゃぎの金魚ズ。


今年は大雨が多くて、その度に冒険旅行に出たがるこのアホーどもを
ずぶ濡れになりながら必死で説得した甲斐あって、皆元気です。





e0197895_13114381.jpg
でかっ

本当に呑気な連中なので手づかみできます。(ホントだよ)







e0197895_13114960.jpg
「なんかくれよ」と言っております。

あげないよ。君たちは少し食べ過ぎだ。運動しなさい。





秋がゆくよ。







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

先日お披露目したツリーのアクリルたわしを出品しました。


e0197895_12455460.jpg
〈シスコ室内履きや〉カタログサイトに出品中。
レンタルボックスサイトminne(ミンネ)、フリーマーケットサイト tetoteにも出品中です。






e0197895_12454079.jpg
赤と緑のドット入り





e0197895_12453779.jpg
リボン付き




去年は小さいの2枚と大きいの1枚の3枚セット

今年は大きいのと小さいの各1枚の2枚セット。
小さい雪の結晶柄は赤か緑を選んでいただくというわけです。

規模縮小?
いえいえ、今回のものは大小の色調も柄も違うので
小さいのが2枚あると目線が分散してしまうんです。
(↑一応バランスを考えて2枚セットにした、って言いたい・笑)






e0197895_12455135.jpg
小さいのに使った雪の結晶は
8月に出品した「雪花」のアレンジです。

強い色なのでできるだけシンプルに。
…手抜きじゃないかって? いやその…モゴモゴ。汗






考えてみたら去年は12月に入ってから出品。
今年は10月末に出品。
なんてお店らしくなったことでしょう!
(……ぽりぽり)





e0197895_124531.jpg
ただし、今年のものは
ツリーを立体的にしたためにコースターには全く不向きです。
ツリーの凸凹があるので、カップを置いたりすると不安定なんですね〜。
ははははは…

また、厚みが6〜8ミリと厚いので
たわしとして使うにはちょっと使いにくい。




そう、〈シスコ室内履きや〉初の「実用的でないもの」なのであります。

…どうなる、室内履きや!?





(どきどきどきどき…)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・

室内履きや的 おまけ 】



今年2月から出品したブルーのスリッポン
おかげさまでご好評をいただき、とうとう糸の在庫がつきました。




e0197895_12494011.jpg
編み上がって記念撮影


きれいなブルーに一目惚れして買い込んだ糸でした。
そして、糸はあっさり終売。
もう買うことができません。
似た感じの糸はあるけれど、値段が2倍くらいするのです。



よって、これが最後の1足となりました。




編むチャンスをくださったお客さまに感謝。
糸との出会いにも感謝です。




ありがとうございました。






....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

今年4月の末にヨモギ染めをしました。



e0197895_1113273.jpg
4月末に染めたウール1番煎(左)と2〜5番煎(右)



とてもきれいなオリーブグリーンと青味の緑に染まったので
すぐにヨモギをたくさん摘んで、冷凍保存しておきました。

それを使ってヨモギ染め。




e0197895_424087.jpg
あれれれれれ????(糸は2種類のウールを使っています)



どうしたことでしょう?

4月に染めた時と同じように、1番煎の液とそれ以降の液を分け
2種類の緑を出そうとしたんですが…。





e0197895_424451.jpg
1番煎の液で染めた色
例によって写真にはうまく色が出ていませんが、4月よりも茶色がかったオリーブグリーン。






e0197895_424731.jpg
2番煎以降の液で染めた色
上記の1番煎の色よりも浅いオリーブグリーン。





てっきり冷凍保存しておけば、
4月に採取したばかりの色と同じように染まると思い込んでいたのでビックリ☆




4月に染めた糸と比べてみましょう。




e0197895_4235748.jpg
1番煎で染めた色(左端が4月末に染めたもの)




e0197895_4235553.jpg
2番煎以降で染めた色(同上)




…なるほろ。

草木染の本を読むと、赤〜ピンク系の色を染めるとき
「花びらやモミジの紅葉をいったん冷凍すると赤が濃くきれいに出る」
と書いてありました。

これは冷凍することで
青味の色素が弱まり、赤味の色素は強く出るということなのでしょうか?



不思議不思議…。



不思議と言えば



e0197895_4482145.jpg
毎度おなじみ…


ヨウシュヤマゴボウは、液から上げた時は赤味が強く




e0197895_4482314.jpg
上の写真を温湯で洗った状態


ぬるま湯で洗うと、あら不思議。
黄味は抜け、赤味も弱くなり、青味が強くなるのですよ。

さらにこの色もひと月ぐらいで青味が少し弱くなり
若干明るく発色もよくなる感じなのです。





昔の人は言いました。
「女心と秋の空」



染め家しす子ならこう言います。
「女心と草木染」



どちらもうつろいやすく、移ろう前も後も
ミステリアスで美しい。





e0197895_4241066.jpg
シスコ野草園ではシロザが花を咲かせました。
黄色い粉は花粉。白っぽいポチポチはハダニに葉液を吸われたあとです(汗)


今年の夏はシロザで染めなかったなあ。

室内で育てているシロザやイノコヅチはあくまで観賞用なので
来年の夏は、バリバリ摘みに行って染めよう。
今年はとにかく暑すぎたもの…。




染め家しす子の野望はまだまだ続く(笑)







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

いいお天気。

ご注文いただいたものを配送所に持っていった帰り道
メタセコイアが風に揺れるのを眺めました。


e0197895_13264298.jpg
背高のっぽさん♪





e0197895_1326482.jpg
梢のあたりからの眺めはどんなふうなんでしょうねえ…。



見上げてみました。




e0197895_1327012.jpg
大きいねえ。。。




まだ葉っぱが赤茶色く色付くまでには
少し間がある。





e0197895_13265330.jpg
揺れる葉っぱを見上げていたら





e0197895_1327494.jpg
夏の「忘れ形見」発見。
暑かったねえ…今年の夏は。(しみじみ)





そして

4日前から(また)ヨウシュヤマゴボウの果汁で
ウールを染めています。




e0197895_13271264.jpg
デ・ジャ・ヴ〜〜♪ (いえいえ、今日10/11の写真ですよ・笑)




今回は、指でつまんだだけではじけるほどに
ギリギリまで完熟した実を使ってみました。

ここまで完熟しているとはじけた果汁はなんとなく臭い。
生ゴミのような匂いがするんです。
でもいったん冷凍させてから絞ったら、あら不思議。
もう少し若い実を絞った時のような青臭い匂いもしないし
生ゴミみたいな匂いでもない。

醗酵も早めに始まりましたが、朝晩の気温が低くなっているせいか
アルコール発酵がまだ弱いウチから、産膜コーボちゃんが元気に膜を張っています。





果たして完熟果の色はどこか違うんでしょうか?

(↑またひと月ぐらい後に、まとめてご報告すると思います・笑)




・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 おまけ 】


イクシくんが直って嬉しくてしょうがないので
夕暮れ時のキバナコスモスを。



e0197895_13271767.jpg

e0197895_13272169.jpg





残照に キバナコスモス 揺れており

(オソマツ・笑)








....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

またまた前回の更新から、10日も経ってしまいました。
本日は室内履きや筆頭編み方のシス公がお伝えいたします。

植木の剪定をして全身筋肉痛になったり
大おかみの作ったものすごくしょっぱいぬか漬けを食べたりしながらも
おかみさんは元気にしております。



前回の記事で少し様子をお伝えした
熱にうなされながら、おかみさんが思いついた図柄。




e0197895_10475870.jpg
まずこんなふうにしてみました。




おかみさん「…気に入らない」

そ、そうですよね。
ははは…で、どこがどんなふうにで?

おかみさん「木がぺたんとしててつまらないし、周りの白いフチがイヤ」





e0197895_1048241.jpg
いや、そうかなと思ってこんな具合にもしてみましたよ。
木が立体的になるように工夫しましたし、周りはグレイですよ。
おかみさん、好きでしょう?グレイ。



おかみさん「う〜ん…違うんだなあ。こんな窮屈な感じじゃイヤなんだよ」




…こんな具合に、おかみさんがちっとも納得してくれないもんで
またまた苦心惨憺したってえわけですよ。

…で、完成したのがこちら。





e0197895_10481551.jpg
どうです?

おかみさん「これだよこれ!んもう、最初っからこうしてくれりゃあいいのに!」

(かんたんに言うな〜)




e0197895_10482092.jpg
大おかみ「あたしはこっち! 雪だか星だかわかんないところが好きだよ!」





e0197895_10482658.jpg
おかみさん「あたしはこっちだな。リボンを外したら落ち着いた感じだし♪」





ふう。
なんとか合格点が出たようですよ。





e0197895_10483529.jpg
ツリーのところの編み方考えるの、並大抵じゃなかったんですからね。






…ところで皆さん、
何だかおかしいなって思いませんか?




e0197895_10484422.jpg
左下と右上に、怪しいカゲが。

おかみさん「別に気取ってフレームつけたわけじゃないんだよ…」




おかみさんときたら
とうとう働き者のイクシくんを壊しちまったんです!

自作のカメラケースに入れていたんですが、
ケースに入ったままの状態で電源が入ってしまい、
当然、伸びたくても伸びれない状態のレンズが悲鳴を上げて
おかしな角度になったまんま戻らなくなってしまったんですね。
ふえ〜〜〜ん(涙)







e0197895_10484881.jpg
今朝(10/8)am5:30:42 すごい朝焼けでした。





哀れイクシくん。
水没させられたり、雨の中風の中さんざんこきつかわれて
とうとうこんなことに…。




おかみさん「こ、これからカメラ屋さんに行って来るとこだよ!まだわかんないよ!(涙涙)」





…イクシくんの運命やいかに!?

(またしても…つづく・・・・汗)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 10/8 追記 】



キャノンのサービスセンターに持ち込んだところ、
受け付けてくれたお兄さんが、目の前で「カチャ☆カチャ」

まるで魔法のように、イクシくんのレンズがもとの角度に戻りました!
すごい!!!
(パチパチパチ☆)

「荒療治なのでご自分ではやらないでくださいね」
と念を押されました。(←なかなか人を見る目のある若者・笑)





e0197895_17273629.jpg
復帰記念☆新宿の青空〜♪




それにしてもこのイクシくん(¥47,000くらい)と同レベル以上の物が
今は¥17,000くらいで出ているんだとか。

今回はお兄さんの「カチャ☆カチャ」で済んだので
修理代もかかりませんでしたが
部品交換やメンテナンスなどで1万円程度かかるんですって。




e0197895_17272949.jpg
…17,000円…かあ…。
(と、相棒イクシくんを眺める店主)




いや、いやいやいかん♨

何よりも、お兄さんの一言が胸に残っています。

「デジカメは日進月歩で性能があがっていますけど、
よろしかったら、これも大切に使ってやってください」




じ〜ん

なんていい社員をお持ちなのだ。キャノンさんは。




だから、これからもよろしく頼むね
イクシくん!



以上、お騒がせしました!・汗







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]