タグ:レース編み ( 34 ) タグの人気記事

先日から


e0197895_8201131.jpg
こんなんなったり




e0197895_819596.jpg
こんなんなったりしていたレース編み。




Clover さんの新商品、レース針「アミュレ」
モニタリング企画に応募して、針を送っていただいたわけですが
約2年半ぶりのレース編みをすっかりなめておりました。

レース編みの人気ブログ「白い手帖」をいつも拝見しているので、
つい自分も編めるような気がしていた…。(←妄想だけは十八番)


今日はちゃんとまとめてモニタリング記事というのを書いてみます。



まずは完成品をお目にかけましょう!




e0197895_8193240.jpg
ど〜よ(←なにをエラそうに)

**「かんたんレース編み パイナップル/日本ヴォーグ社」に載っているコースターです**



レース編みをするのがあまりに久しぶりだったので
まず、これまで使っていた2号針で左奥のオフホワイトの方を編みました。
右手前のグリ−ンの方が、今回送っていただいた
0号と2号の針のうちの2号針で編んだものです。

もともと棒針だろうがかぎ針だろうが、アフガン編みだろうが
編み目がゆるくなりがちなクセがあるんですが、
アミュレ」は針先が小さく切れ込みも深いということなので
これでもか!これでもか!とキツく編んでみたわけです。

…で、キツく編みすぎて針がどうのというよりも
老眼が進みすぎていて、目が見えない(←編み目もオメメも・笑笑笑)という事態に陥り、
さんざ編んではほどき、ほどいては編み…涙涙。






e0197895_819442.jpg
ほらほら! 同じ2号針でもこんなに違うんです。
左が今まで使っていた針、右が「アミュレ」です。


なるほど、キツく編んであってもかなり楽に針先が編み目を拾います。
(↑だからといって調子に乗って、老眼で見えないほど小さく編んではイケナイ)

グリップも持ちやすいので針を持つ右手よりも
糸を張る左手の方が先に疲れました。
(↑もちろん一番最初に疲れるのは目なんですけども…)




編み上がりも


e0197895_8194894.jpg
けっこう大きさに差が出ますね!
左:10.5センチ四方 右:9.5センチ四方

外周の飾りはクサリを編みつけて、
最終段でコマ編みとピコットを編むデザインなんですが
グリーンの方はクサリを思い切りキツく編めたので
アーチが小さめになって、中央のパイナップルの方に目が行くので
自分としては好みです




e0197895_8194018.jpg
ま、コースターとして使うには若干小さくなりすぎた感は否めない…ははは。




こんな小さなコースターに何日もかかってしまうような初心者が、
モニターも何もエラそうなことは言えませんが
ちょっと気になることが2つ。

ひとつ目は、キャップが欲しいなー…ていうことです。
レース編みをよくされる方は、きっと素敵なレース針ケースなんかを
使ってらっしゃるのかもしれないけれど

e0197895_14193775.jpg
↑今を遡る3年ほど前、まだ老眼今ほど酷くなかった頃に作りました…遠い目。
自分はこんな感じなので、キャップがないとちょっぴり不安。



もうひとつはグリップの素材。
↑のかぎ針ケースの写真を見ればおわかりになると思いますが
グリップ付きの針を数本持っています。

そんなによく使ったわけではないんですが、
そのグリップが今はちょっとベタベタしちゃっているんです。

(↑柏餅食べてお尻で手を拭いて、その手で持ったりしてませんよ、ホントだよ!)


このベタベタは石鹸などで洗っておいても
しばらくすると、またベタベタしているみたいなので
材質の劣化なのかなー…と。

で、「アミュレ」のグリップの感じが、これと似ていたので
やっぱりしばらく使わないでおいてあったりすると
ベタベタしてくるのかな…?



…とまあ、こんな感じです。
気になった点と言っても実際に編むのには問題ないことですからね。
永遠の初心者が老眼と戦いながら編んでも
うん、とても編みやすい針だと思います!(笑)



Clover さん、いい針を作ってくださってありがとう!
こんな記事しか書けない初心者のくせに、応募してゴメンナサイ!
ユルシテ!






****** Clover さんへ追伸 ******

…アフガン針のモニタリング企画を是非!
ダブルフックの輪針なんか使いたい!使いたい!

(↑なにを言っておるのだ、なにを。しかも太字…)







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

満開だった藤が散り、若いツルがどんどん伸び出しました。


e0197895_8221069.jpg
昨年8月〜9月にこのツルから染めた色は
せんだってのスリッポンに使った淡いピンクと濃いココア色。(スリッポン→ 糸→

フジも季節によって染まる色に大きく差があるらしいので
やってみるです!(←鼻息あらい店主)



…と



e0197895_8221136.jpg
あれれれれれ??? (左から1番煎、2番煎、3番煎)

呆れるくらい色の薄い液が採れました。




ちなみに昨年8月の液の色は

e0197895_1664828.jpg
ここここんな色だつたのにょ。
(↑あまりの差に動揺を隠しきれない店主)





e0197895_8221680.jpg
だだだだだいじょうぶかなあぁぁぁぁ。

どうなる !? 初夏のフジ葉染め!



…つづく…
(エンヤコ〜ラ エンヤ〜コラ ←ひっぱっている)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


で、
藤の葉っぱをグツグツ煮る傍らで
件のレース編みをしているわけです。
Cloverのレース針「アミュレ」のモニタに応募してしまったんです。。。)



2時間かけて1段49目のパターンを2段目まで編んで

ふと思う。

いったいいつからやってなかったんだっけ…レース編み。



ブログを遡ってみたらなんと、2010年11月にコースターを編んだのが
おそらく最後です。(…丸々2年と5ヶ月…汗汗)
これではせっかくの新商品が、編みやすいのかどうかもわかりません。




…ので




e0197895_8222574.jpg
今まで使っていた2号針(TULIP)で先に編んでみました。
**その名も「かんたんレース編み パイナップル/日本ヴォーグ社」を見ながら編んでいます**



「なあんだ方眼編みとパイナップルか、小さいしカンタンカンタン!」
…とか言わないでくださいね。
11センチ四方弱のこのコースターを編むのに
ほぼ1日はかかっているんですから。





e0197895_8222969.jpg
2年半ぶりにしてはまずまずの出来。ふう。


久しぶりなので糸の引き加減が定まらず
ゆるすぎて穴ぼこが目立ったり、キツすぎて針が入らなかったり…。



今回の Clover「アミュレ」はグリップ付きで持ちやすく、
針先が小さく針先の切り込みが深めなのだそうです。
(↑見た目ではわかりませんよ。何てったって酷い老眼なんですから)

つまり、キツく編んであっても針先で目を拾いやすい。




e0197895_823128.jpg
モニタ用に2時間かけた力作(途中)は、まだ2段目。




ここはひとつ、モニタらしく




e0197895_8232049.jpg
↑ほどきますた。
キツキツに編んでみようじゃありませんか!



(グツグツ…あみあみ…グツグツ…)




…というわけで


e0197895_8233280.jpg
ここまでたどり着きました。
(最終段のコマ編みとピコットが途中です)




e0197895_823386.jpg
グリーンが「アミュレ」で編んだもの。糸の太さは同じです。

パチンパチンと音がするくらいキツく編んでいますが
なるほど!
確かに針先がキツい編み目をうまく拾います。
針を持つ手もあまり疲れない。




…しかしながら、少々キツく編みすぎました(笑)
糸にゆとりがないので、編み上がり全体に妙なウェーブが。。。
(↑つい、中長編みまでキッツキツに編んでしまった永遠の初心者)




せっかく針を提供していただいて、
これでは申し訳なさ過ぎるので





e0197895_8234318.jpg
また、ほどきますた。

もう一度やってみるですだ!
(↑基本、江戸っ子気質がいつも災いのもと…)




果たして、フジの葉染めの糸に色が入るまでに
レース編みは完成するのでしょうか…?

( Clover さん怒らないで…汗)







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

前回ちらりとお見せしたヨモギ染め。



e0197895_11195766.jpg
染め上がりはこんなふうです ♪
左奥:綿(1番煎) 左手前:ウール(1番煎)
右奥:綿(2〜4番煎) 右手前:ウール(2〜5番煎)




ああ、それにしても写真に上手く色が出ないのが口惜しい。
奥の綿などはただのグレイかベージュに見えていますが
左はカーキ色、右は食用ゴボウ染めよりも緑が強い灰緑なんです。





e0197895_1113273.jpg
ウール1番煎(左)と2〜5番煎(右)


葉っぱをぐつぐつ煮出した1番煎じの液だけで染めたものは
しっかりとしたオリーブグリーン。
2〜5番煎じの液で染めたものはきれいな青味の強い緑。

*web用の色見本「和色大辞典」で見るならば
1番煎の色は「菜種油色(なたねゆいろ)」と「鶯色(うぐいすいろ)」の中間、
2〜5番煎の色は「苗色(なえいろ)」よりも少し青緑に近い感じ。





1番煎の液には赤みと黄色みの強い色が出て,
濁りのない緑を目指すなら2番煎以降の液で染めればいいようです。





e0197895_10492599.jpg
これは写真で見る通りの緑がかったようなグレイ。
全ての残液で、液の色がほとんど無くなるまで重ね染めしました。



綿は相変わらず濃い色に染まらず、中間色になってしまいますねえ。
最後に染め置いたグレイは、次回グリーン系の色を染めるときの
下染めにするつもりです。
鮮やかなグリーンは絵の具で出すのも難しい。
下染めで糸のトーンを落しておき、
そこに新しい色を重ねることで「濃く感じる色」にできるかもしれませんからね!



ヨモギに限らず、草からとれる色は季節によって変わるそうなので
今のうちのヨモギをもう少し摘んで、冷凍保存しておこうと思います。




「なんだい、もったいぶって。今のうちに染めりゃあいいじゃないか」
…と思いませんでしたか?


そうもいかんのですわ。

なにしろ藤のツルも今のうちの色を染めてみたいし
頭の中でパンパンになっている新作はカタチにしたいし
お天気のいい日は外をうろうろ&ぼんやりしなくちゃならないし




おまけに



e0197895_10492982.jpg
こんなことにもなっておるのです。



Clover のレース針「アミュレ」のモニター募集というのが先月にありまして、
ちょっとした気の迷いで応募しておいたところ
あっさり針を送っていただいちゃったわけです。
(汗汗汗汗汗)




なにしろ、レース編みは2年ぶりくらいかしら?
ま、シンプルで小さいものなら自分にもなんとかなるだろう…。





e0197895_10493931.jpg
はあはあ…ぜいぜい…はあはあ…ぜいぜい…


2段編み終わったところですでに2時間経過。

5月末を目処に使用した感想を
ブログ記事にしなくてはなりません。




e0197895_10494181.jpg
↑糸ホルダーがないため糸玉をラーメン鉢に入れている



さあ、たいへん!

大車輪だ!!





e0197895_11491961.jpg
チェック隊「クン クンクク クククン クン ♪」
(↑いい匂いのヨモギの染めカスが気に入った様子の当店重役たち)





緊張感まるでなし!(笑)







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

西荻窪のオアシス、SOFA Turkish Decorさんで、
イーネオヤ専用糸を買ってみました。


e0197895_2010890.jpg
長靴マークのパッケージがかわいい ♪

e0197895_20101135.jpg
国産の専用糸(右のグリーン系)よりもさらにキラキラ。また、若干太く柔らかです。




e0197895_2010676.jpg
お店の方に教えていただいた本も、ネットで購入。
「トルコの伝統レース イーネオヤ」 今井瑞恵 著
本文ページは白黒ですが、結い方やコツが詳しく書いてあるありがたい手引書です。



e0197895_20101349.jpg
相変わらずぐじゃぐじゃではありますが、
チョウチョに再挑戦。左は唐辛子のモチーフです。





e0197895_20101786.jpg
そんなこんなでコースター3枚は、ようやく完成 ♪
モチーフの練習をするたびに、コースターが増えてゆくという具合です(笑)


がんばれぇ、自分……。




....................................................................................................................................................................................

[PR]

コースターを編んだので、ちんぺいに見てもらいましょう。


e0197895_2063890.jpg
#20 のレース糸でまあるく編んで、イーネオヤで飾ってみましたよ。




e0197895_2064374.jpg
「これだけ柄がちがう」うん、それがもとのデザインなんだよ。


e0197895_2064692.jpg
飾りをつける場所を作ったの。「ふーん」


e0197895_206496.jpg
これは、あんずのモチーフ。「ああそう」


e0197895_2065198.jpg
で、これがね……


e0197895_2065456.jpg
?……なんだよお、その目は。



どうも、乗り気じゃないらしい。
仕方ないので片付けることにしました。しくしく。



e0197895_207056.jpg
あっ、来た来た。ちんぺい、このモチーフはね……
「わかってるよ。カニ だろ?」



e0197895_2071823.jpg
「へんなもん編んでんだな、おまえ」

ち、違う……チョウチョだよう! 最後まで聞いてよう(涙涙涙)




ウチの同居人ときたら、どいつもこいつもヒトの話を聞いてくれません。
しかし確かに、こりゃヒドイ(笑&汗)



*コースターは Asahi Original 初めて編む基本のレース 完全レッスン
白、生成り、ベージュ レース編みのこもの

のアクセサリートレイを参考に編みました。




....................................................................................................................................................................................

[PR]
糸が足りなくなったり何だりと、もたつきましたが

e0197895_1584758.jpg
ついに完成しました。モチーフつなぎのストール。
(糸は新たに3個セットを買い足しました)


e0197895_1585019.jpg
ふちに、ちょっとつぶつぶ ♪


e0197895_1511357.jpg
羽織るとこんな具合です。(アラいい感じ



48cm×146cm。ちょっと短めなのにはワケがある。


e0197895_1585442.jpg
つぶつぶを留めたらケープ風 ♪ よこちょで留めればポンチョ風 ♪♪(きゃっきゃっ)




e0197895_158556.jpg
袖下を留めたらマーガレット ♪♪♪ 後ろ姿はボレロ風 ♪♪♪♪(←オオヨロコビです)




e0197895_1585632.jpg
で〜きた、できたっ♪ すとーる、でっきったっ ♪

(↑はしゃぎ過ぎです。笑笑笑)



結局残った 2+約4分の3個のことなど、今はきれいさっぱり忘れましょうか。
きゃっきゃっきゃ……



Data : 黒 #40 … 約250g / ベージュ #40 … 約10g / レース針=4号
*デザインは図書館で見た本から思い付いたんですが、本の名前とか忘れちゃいました……。
*モチーフは 日本ヴォーグ社 かんたんレース編み モチーフつなぎ を参考にしました。




....................................................................................................................................................................................


More【 夢中=幸福=危険の法則 】
[PR]

from YouTube



子供の頃から、何かに熱中していると口の中がツバでいっぱいになってしまう。


ずいぶん昔に、版画家 棟方志功の仕事ぶりをビデオで見たことがある。
左目は完全に失明、かろうじて見えている右目を版木すれすれに近づけ、
早回しでもしてるのかと思うほどの異様な早さで彫る。

詳しくは こちら→ Wikipedia-棟方志功


ゴッゴッゴッという彫刻刀の音に、かすかに声が混じり始める。
巨匠が「歓喜の歌 Ode to Joy 」を唸っているのだった。

残念ながら YouTube にその動画は見つけられなかったし、
Wikipedia にも「軍艦マーチを口ずさみながら」とはあったが、
ベートヴェンを唸っていたという記述はない。
筆者の記憶違いの可能性はあるが、巨匠の唸り声と彫刻刀の刻むリズム、
そこにもう一つ「あたしといっしょだ!」と、筆者を小躍りさせる音が混じっていた。
じゅるるっ……口に溜まってくるツバを啜り上げる音だった。




……などと、恐れ多くも芸術家を話に登場させてしまいましたが
件のレース編みは、ちみちみじゅるじゅると完成間近。

e0197895_1943686.jpg
って、糸が足り〜〜んがな〜〜 !! あとモチーフ9枚なのにぃぃぃ(号泣だよ…)


          1:糸を買い足す(この糸は3個セットでないと買えない)
          2:この糸で編んだコースターやらドイリーやらをほどいて使う
          3:1列ほどいて太めのマフラーだと言い張る
          4:今夜から寝る前に「計画性をお授けください、計画性を」とお祈りする



さぁどうする !? さぁ、さぁさぁ、さぁさ、さぁさ、さいゃ……
(奄美のお囃子みたいになってきた……がんばれ、奄美☆!)



....................................................................................................................................................................................

[PR]
街路樹のアオギリ、実がはぜたよ。
ひとつ拾って帰りましょう。

e0197895_175426100.jpg



e0197895_17542834.jpg
羽のような、小舟のような愛らしいかたち。


e0197895_17543441.jpg
おぉ、見事なレース編みがここに。オヌシにはかなわぬのぉ。


e0197895_17543156.jpg
こうするとなおさらドンブラコッコですな。
「アタシタチどこへ行くの?」
「ハニー心配いらないよ。二人ならどこでも幸せさ」
「うふん♥」
けっ、平和な奴らだぜ。




当方のレース編みモチーフつなぎまくりはこんな具合。

e0197895_1734088.jpg
ストールになる予定です。(これで半分くらいかなぁ?)



....................................................................................................................................................................................


More【 てぇへんだ、てぇへんだぁ 】
[PR]
失敗箇所発見。

e0197895_15475145.gif
e0197895_15474288.gif
迅速対応がモットーです。


e0197895_15474621.jpg
ちみちみ直して、どんどんつなぎます。


糸の番手は40。
黒い方の激安バーゲン糸は、撚りが固く、太さのムラが激しい。
左手の指にぐいぐい食い込むので、バンソーコーを巻いています。
早く使い切って、エミーグランデを使いたいところです。



先はまだ長い……秋の夜長。



....................................................................................................................................................................................

[PR]
Motifs of another story

e0197895_23452965.jpg
e0197895_23452642.jpg
e0197895_23452321.jpg
ちみちみ編んで、どんどんつなぎます。


e0197895_2345214.jpg
詳細は後日。(←とか、勿体つけてみたりして・笑)




....................................................................................................................................................................................

[PR]