フジの若葉染め その1

桃の節句には桜餅、端午の節句には柏餅。

e0197895_1341316.jpg
さすがにまだこれを作るまでには至りませんね。
奥のピンクはみそあん、手前の白はこしあん ♪





3日前の夕方から取りかかっていた5月のフジの若葉染め。





e0197895_13413539.jpg
染め上がりはこんなふうです。




8〜9月とは随分違うでしょう?(8〜9月の色はこちら→




今回は初めて絹を染めてみましたんです。




e0197895_13414079.jpg
こちらがシルク100%。
左は4回染め、右は8回染め

少し緑がかった明るい黄色。
右の8回染めの方は少し赤みを帯びてオリーブグリーンに近い色になっています。






e0197895_13414494.jpg
これはいつものリリヤンコットン(右)といつもよく染まるタコ糸(左)

他の染材だと、リリヤンコットンの方が浅めの色になりますが、
8〜9月のときも今回もとてもよく色が入りました。
しっかりとした赤みのある黄土色。どちらも4回染めです。






e0197895_13414752.jpg
綿用の残液で染めた色。
左はディスポン(濃染剤)、右は牛乳下地。
下地の違いでけっこう差が出るもんです。
少し赤みを感じるクリームイエローの濃淡になりました。





いやあすごいな、フジっていいな♪

なんといっても、昨年8〜9月に染めた色がまだ退色してない
ってところがとてもいい♪
濃く染まるってところもすごくいい♪





e0197895_13415053.jpg
e0197895_13415374.jpg
今回の主役、フジの若葉。

とても元気がよくて毎日どんどん伸びています。
葉っぱを手で摘んでいるとしずく(樹液)が、雨のように飛び散るんです。
この生命力の強さが、よく染まる秘訣なのかも…。





実は、今の時期のフジからは緑色も染められるらしい。




「やれやれ、また始まっちゃたよ…」
と、思いましたね?





e0197895_13415699.jpg
始まっちゃいました。
緑を染めるためにアルカリ水で煮出しました。右から1番、2番、3番液。





e0197895_1341592.jpg
右から4番、5番液



おぅ!

今度は濃ゆい色の液が採れました…けど
これは8〜9月の液色とあまりに似ている…。

果たして本当に緑に染まるのでしょうか?




e0197895_1342210.jpg
ずら〜〜り☆




…つづく…
(結果は多分4〜5日後。。。)




あ、針のモニターで編んでいたレース編みもでき上がりましたよ!



e0197895_14421522.jpg
番頭さん「ドコー?」




染めの合間に記事を書くので詳細は次回。
(明日か…明後日…か…えっと…ホホホントに編み上がってますってば! 汗)




つまりこちらも
…つづく…
わー怒らないでー Clover さん、アフガン針のモニター企画もやってー
(↑わがままな店主)






....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]
by cisco-noodle | 2013-05-05 14:46 | 草木染め | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ciscon.exblog.jp/tb/20435029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< レース針「アミュレ」 レース針モニタのゆくえ >>