ヨウシュヤマゴボウ葉染め 5月の色

ヨウシュヤマゴボウの葉で染めた糸が乾きました。


e0197895_9242023.jpg
うわ−写真に撮ると地味だ…しくしく。
右手前の2本は、緑色の液(4〜7煎目)で
左奥の3本は薄茶色の液(1〜3煎目)で4回染めました。
素材はシルクとリリヤンコットンです。





e0197895_9244869.jpg
これは緑の液で2回染めた段階。
写真よりは濃い色が出ていましたが、まだ淡い緑。


そこで近所をひとり怪しく徘徊して、新たに葉っぱを強奪して参りました。

↑女盗賊団の親分は、お友達と巣鴨のお地蔵さん参りに出かけてしまって
子分ひとりの大仕事…。

仕方がないので、思い切り笑顔をふりまきながら犯行に及びました。
ラン♪ラン♪ラン♪…とか歌いながら空き地で笑顔で葉っぱをむしってる
ちっちゃな中年女をご想像ください。
ね?声をかけるのは止めとこうって思うでしょう?






e0197895_9245250.jpg
同様に、薄茶色の液(1〜2煎目)で2回染めた段階。
カーキ色に染まっています。




新しく採った染液を重ねて




e0197895_9243449.jpg
緑の液(3〜7煎目)でさらに2回。
シルク(左)は抹茶色、リリヤンコットン(右)は若干薄い抹茶色です。
(↑写真ではグレイに近くなっていますが、もっと緑らしい緑です…)





e0197895_9243831.jpg
同様に、薄茶色の液(1〜2煎目)で重ね染め。
左手前のシルクはあまり濃くならず、リリヤンコットンは濃いカーキになりました。
(↑ホントに写真たらもう…涙)



実は2回染めた時点で、液にはまだ色がしっかり残っていました。
重ねて染めるときに、今まではその残液を使っていましたが
今回は新たに液を採り直しました。

なんとなく…なんだけれど
残液で重ねて行くたびに、色がくすんでいるように思うんです。
色をしっかりさせるためには、薄い色を出すときでも
何回か重ね染めをするといいらしいんですが。。。

シロウト考えだけれど、面倒だけれど、試してみたというワケです。






e0197895_924564.jpg
番頭さん「オッキナハパダタネ〜」

ヨウシュヤマゴボウの10月の色は黄金色。
実から採れるのは茄子紺〜ピンク。
そして5月の色は緑 ♪
どれもよく染まって、いい色です。
(↑ますますヨウシュヤマゴボウが、可愛くて仕方なくなった店主)




長保ちするといいなあ。







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]
by cisco-noodle | 2013-05-19 10:03 | 草木染め | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://ciscon.exblog.jp/tb/20514106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バル at 2013-05-20 18:24 x
優しい緑色ですね!
ヨウシュヤマゴボウの染色も初夏の色なのだなぁ~って感心。
秋になると染色も色づくのですね☆

女盗賊、子分さんグッジョブ!!
Commented by りょう☆ at 2013-05-20 22:53 x
もうご存知かもしれないけどNHKの「仕事の流儀」
次は人間国宝の染色家志村ふくみさんだってよー。
27日10:00です。
お知らせまで~♪
Commented by cisco-noodle at 2013-05-21 05:16
>バルさん
ほんとだ。秋の紅葉と同じように染まる色も秋色になって行くんだ。
盛夏にシロザやイノコヅチで染めた緑は柔らかな枝豆色。
初夏のヨウシュヤマゴボウの色は抹茶色。
緑の中にも季節感があるような気もしますね〜。

近所に古いアパートを潰してサラ地にしたところがあってね、
もうワッサワサ生えてるのよ。ヨウシュヤマゴボウが。
マジでものすごい笑顔になってしまった(←天然でアヤシイ中年女・笑)
Commented by cisco-noodle at 2013-05-21 05:26
>りょう☆さん
恥ずかしながら、なんちゃって染織家の自分は
志村ふくみさんというお名前も存じ上げませんでした…。
今、webで検索して志村さんのサイトを見てきた次第。
素晴らすぃいいいいいいいい!

ところで、自分の生活領域にはテレビないんですよね。
階下に婆さんが見てるテレビがあるけど、
すでにチャンネルの変え方もワカラナイ状態です。ははは。
これは婆さんをなんとか眠らせないようにして見なくちゃなりません。
むん♨ お知らせありがとう!
Commented by りょう☆ at 2013-05-21 09:54 x
よかったー。
もちろん私も知らなかったわけだけどこの番組はときどき見てるので昨日の予告編で知りました。
草木染めの人みたいです。
こちらで予告編も見られるよ。
http://www.nhk.or.jp/professional/index.html
Commented by cisco-noodle at 2013-05-21 10:59
>りょう☆さん
予告編見てきました〜。
いやあきれいな色だなあ、やっぱり絹は染まりがいい。
色の美しさもピカイチです。
動物性の繊維(ウール・シルク)の方がよく染まる…植物なのにね。
草木染ってホントに不思議な世界です。
Commented by hideharu at 2013-06-21 22:45 x
お邪魔します。草木染に興味があって色々見ているうちに辿り着きました。ヨウシュヤマゴボウって,たまに見かけますが,こんな素敵な色に染まるんですね。
Commented by cisco-noodle at 2013-06-22 05:33
>hideharu さん
はじめまして!
夏の後半から実る赤黒い実は、ウールをきれいな紫〜ピンクに染めます。
アルカリを加えて非加熱なら茄子紺、アルカリを加えて加熱染色すれば
あっと驚く濃いオリーブグリーンに染まります。
(残念ながら綿や麻にはうまく染まりません←いろいろ実験中)
そして大きな葉っぱは豊かな黄色系、アルカリ煎出で緑系。
なんて豊かな植物なんでしょうねえ。一般的には嫌われ者だけど(笑)
よかったら試してみてください。

hideharuさんは藍を育ててらっしゃるんですね!いつかは藍もやってみたいなあ…。
初心者&自己流なので、何か気付かれたことなどあったら
是非教えてください! また来てくださいね♪
<< マボロシの緑 ヨウシュヤマゴボウの葉 >>