次郎をめぐる攻防



我が家の柿は次郎柿です。
カリッとしてとっても甘い。




木があまり大きくなっては困るからと
ガンガン剪定するので
多くても70個前後ですが、例年美味しくいただいて
ご近所にお友達にとおすそ分けしておりました。

それが、3年ほど前から何者かに喰いつくされるように…。




今年もまだ青いうちから毎日のようにかじられており
ついに




e0197895_13170160.jpg
袋をかけてみました。






e0197895_13170544.jpg
ちなみにこの袋はキッチンシンク用の不織布袋





色がつき始めたところからガリガリかじっちゃうんだもの。
毎年命がけの剪定をしてるこちらとしては
あまりに悔しいじゃないの。




んが、
袋をかけてから1週間。






e0197895_13170974.jpg
ぎくぅっ なんだこの穴は






e0197895_13171358.jpg
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…





やっぱり。

しかたない。
こうなったら追熟作戦だ。






e0197895_13171771.jpg
まだこんなにちっさいの…(涙)




やれやれ
追熟するにも、もうちょっと大きくなっていればなぁ。

樹上にはあと20個余り。
全部ガリガリされちゃうんでしょうか。
しくしくしく…






....................................................................................................................................................................................ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎

[PR]
by cisco-noodle | 2018-09-18 13:35 | Diary | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ciscon.exblog.jp/tb/27554619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏の終わり ハクモクレンを剪定す >>