タグ:おいしいもの ( 35 ) タグの人気記事



我が家の柿は次郎柿です。
カリッとしてとっても甘い。




木があまり大きくなっては困るからと
ガンガン剪定するので
多くても70個前後ですが、例年美味しくいただいて
ご近所にお友達にとおすそ分けしておりました。

それが、3年ほど前から何者かに喰いつくされるように…。




今年もまだ青いうちから毎日のようにかじられており
ついに




e0197895_13170160.jpg
袋をかけてみました。






e0197895_13170544.jpg
ちなみにこの袋はキッチンシンク用の不織布袋





色がつき始めたところからガリガリかじっちゃうんだもの。
毎年命がけの剪定をしてるこちらとしては
あまりに悔しいじゃないの。




んが、
袋をかけてから1週間。






e0197895_13170974.jpg
ぎくぅっ なんだこの穴は






e0197895_13171358.jpg
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…





やっぱり。

しかたない。
こうなったら追熟作戦だ。






e0197895_13171771.jpg
まだこんなにちっさいの…(涙)




やれやれ
追熟するにも、もうちょっと大きくなっていればなぁ。

樹上にはあと20個余り。
全部ガリガリされちゃうんでしょうか。
しくしくしく…






....................................................................................................................................................................................ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎

[PR]


風邪をひきまして
ここ2日間は38℃台の熱が出まして

今日はやっと峠を越えたような…




e0197895_14365950.jpg
ノドも痛かったのであります



数日前に作っておいた「ゆずとショウガのジャム」が
大活躍です。


自分の覚え書きとしてレシピを。
ショウガがピンクになるかなー?と期待したんだけれど
色は変わらず…でしたとさ。


【ゆずとショウガのジャム】
       ・ゆず(大)4個 約350g
       ・ショウガ 約80g
       ・グラニュ糖 80g(ショウガと同量)+175g(ゆずの1/2量)

       ①ショウガをアクリルたわしで洗って、皮付きのまま千切り〜みじん切り。
        鍋に入れてグラニュ糖80gをまぶしておく(水が出てくる)。
       ②ゆずの外皮は白いワタワタのついたまま水に浸しておく。
        (白い筋は取っても取らなくてもよい)
       ③袋は中心側にハサミを入れて種を取り出し、中身ごとジョキジョキ細かく刻む。  
        取り出した種は水200ccくらい張ったボウルにポチャンする。
       (袋2〜3個ずつやるとよい)
       ④外皮を水からあげて布巾で軽く水気を取り、千切り〜みじん切り。
       ⑤外皮・袋・果汁の重量をはかってその半量のグラニュ糖と共に①の鍋へ。
       ⑥③で水にポチャンした種を、その水の中で軽くもみ洗いしたら、
        種は捨てて水を①の鍋へ。
       ⑦煮る。 以上!




本格的に風邪で寝込むのは
久しぶりのような。


皆さまも、風邪ひくなよ!




....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎

[PR]

昨年から、夏のあいだ頻繁に作っているのが



e0197895_15233733.jpg
こちら「水ようかん」です。

いつもいつも、写真に撮ろうと思っていて忘れて食べちゃうのであった(笑)




料理の苦手な店主に作れるくらい簡単です。





e0197895_15233947.jpg
実は三層構造になっていたりする。





一番上は梅酒入りかんてん。
市販のきんとき豆の甘煮と塩えんどうをゴロゴロ入れてあります。
二番目の白い層は、豆乳入りかんてん。
その下はこしあんをかんてんで固めた水ようかん。






e0197895_15233243.jpg
美味しいんです。ホントです。





梅酒の層は梅酒の酸味と甘味が、
お豆をいっそう美味しく感じさせてくれます。
豆乳の層は、特に豆乳の味を感じるものではないけれど
これがあると無いとじゃ大違い。
この層がないと、見た目がイマイチになるだけじゃなく
梅酒の味とこしあんの水ようかんの味に差が無くなって
何となくつまらない味になってしまうんです。
こしあんの水ようかんには塩を少々。
少し多めに塩を利かせればコクのある味、
少なめならサッパリ味になります。





e0197895_15233558.jpg
どの層にも砂糖は加えません。それぞれの甘さだけで充分です。





スゴいでしょ?
オイシソウでしょ?
ホントに美味しいんです。
(大おかみも店主もあんこと豆が大好き♪)




以下、レシピです。
気が向いたら作ってみてね〜♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【材料】
かんてん粉末 4g(かんてんクック1袋)
梅酒 60cc
豆乳 50cc
こしあん 225g
きんとき豆甘煮 70g位
塩えんどう 70g位
塩 少々

【作り方】
①お湯を500cc位わかしながら、タッパーに豆(きんとき・えんどう)を敷き詰める。
(タッパーはようかんを流し込む用。容量1Lくらいのもの)
②わいたお湯のうち150ccで、こしあんをのばす。塩を少々加える。
③残りのお湯をボウルかバットに入れて、
梅酒と豆乳を湯煎しておく。
④鍋にかんてん粉末と水200ccを入れて火にかける。
よくよくかき回しながら、沸騰したら2分煮る。
⑤④のかんてん液から50ccとって、③の梅酒によく混ぜてタッパーに流し込む。
⑥梅酒の層がやや固まりかけてきたら、かんてん液40ccを③の豆乳によく混ぜて
少しずつ梅酒の層の上に流し込む。
⑦②のこしあんと残りのかんてん液をよく混ぜて、豆乳の層の上に少しずつ流し込む。
⑧あら熱をとって冷蔵庫で冷せば出来上がり〜♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今回は、ちょっと自慢してみました(笑)





....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

もう何年も花をつけていなかった蜜柑の木があります。



e0197895_1259678.jpg
つぼみが!!!




なにしろ大おかみときたら、元気のいい徒長枝を
片っ端からちょん切ってしまうんです。

去年その現場を押さえて「手出しするべからず」
とオフレを出したわけです。





e0197895_1259891.jpg
わーい。つぼみつぼみ♪





実は荒れ庭には、金柑、ゆず、蜜柑の木が
他にも最低3本ありますが
毎年実りはほとんどない。

徒長枝ばかりチョキチョキと切るので
枝振りがとんでもなく細かいことになっており
つぼみがつく先端部分は常に「無い」状態なので
当然のことなのです。

残念なことにオフレを出したのが遅かったので
他の柑橘は今年も花芽の姿が見られません(涙)





実になるかな?
美味しいかな???





というところで美味しい画像を。




e0197895_12591119.jpg
また作りました。草餅♪




まだ新芽が柔らかい時期にたくさん摘んで
茹でて冷凍しておきました。





e0197895_12591388.jpg
シズル〜♪
小さく丸めてゆであずきときな粉をまぶして。






できたては柔らかくてもちもちのウマウマです。





e0197895_12591652.jpg
ゆであずき〜シズル〜〜〜♪♪




中に餡を包むよりもヨモギの香りを存分に楽しめて
大変美味しゅうございました。









....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

季節はすっかり春。

…ですが



e0197895_14295392.jpg
ヨモギ染めのブーツを出品しました。

〈シスコ室内履きや〉カタログサイトに出品中。
レンタルボックスサイトminne(ミンネ)、フリーマーケットサイト tetoteにも出品中です。






e0197895_14295540.jpg
昨日はお天気が悪かったので、写真が暗い…。




北の国にお住まいの方からのオーダーです。
旦那さま用に暖かいブーツが欲しいというご希望。
思い切って一昨年のヨモギ染めの糸を使ってみました。





e0197895_14295821.jpg
う〜む…写真じゃわかりませんが、
春に染めた色と秋に染めた色、2種類のオリーブグリーンを引き合わせています。





色は染め上がった頃と比べて、ほとんど変化がありません。
ヨモギ染め強し!

そろそろ今年のヨモギで染めましょうか。



…その前に、





e0197895_1430010.jpg
また作ってみました。よもぎ餅♪

上新粉と白玉粉を混ぜてこねこね。
これが楽しい!!!!
蒸してさらにこねこね。
まったく楽しい!!!!

今回はすりごまに塩を少し混ぜてまぶしたものと、
あんこの真ん中に、去年大おかみがつけたウメボシを刻んだものを入れた2種類。
このウメボシ入りのがまったく美味しかった!

ウメボシは梅酒に使うような青梅を漬けたものなので少し固めだけれど、
香りが良くてなかなか美味しい。
市販の甘いウメボシとは違った味わいです。
(大おかみは今年も漬ける気になったらしい♪ ヤッタ!)





よもぎ、いいね!








....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

昨日の続きです。

(むっふっふ…)



e0197895_11202434.jpg
じゃ〜ん♪




ヨモギの若芽を茹でて潰して
上新粉と白玉粉で作ったよもぎ餅。
中はこしあんです。





e0197895_11203769.jpg
大おかみ作。(もちとり粉のつけ過ぎだと思います・笑)






e0197895_1120406.jpg
おかみさん作。きな粉を買い忘れたのですりごまに塩少々加えてまぶしました。




年齢層高めの母と娘できゃあきゃあ。
ヨモギをすりつぶすのは大変だったけど
なかなか楽しかったし美味しかった。


惜しむらくは、ヨモギの香りがあんまりしなかったこと。
ヨモギを茹でたあと水にさらしすぎたのかもしれません。
また来週頃にリベンジしてみましょう。





e0197895_11374163.jpg
山椒も元気に芽吹き。





e0197895_11374449.jpg
タラの芽も♪





美味しいこといっぱいあるね。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

めずらしく お知らせ】

2015年3月いっぱいでクロネコメール便が廃止になります。
安価で便利だったので残念ですが、
今後〈シスコ室内履きや〉の荷物は
郵便局の「クリックポスト」と「定形外郵便」で配送いたします。
(今日やっとカタログサイトの料金を直しました。←遅い!)

今後ともよろしくお願いいたします。



ふう♨(HTMLツカレタ…)








....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

風が少し冷たいけれど、春です。


e0197895_1347160.jpg
近所のハクモクレン。ウチのは今年も剪定に失敗してちょぼちょぼです。。。





e0197895_1347381.jpg
光が春らしくなってきました。





春は道草。





e0197895_1347896.jpg
なあ〜んだ?





e0197895_1347572.jpg
こんなにたくさん♪




昨年の春は、お気に入りだったラジオ番組が終了してしまい、
何だか糸を染める気になれなくて、
ほとんど「染め家しす子」の出番がありませんでした。
(番組と出逢ったのが、早朝に糸を煮てるときだったんですね〜)

今年はまた染めようと思います。
…しかし、染め用の草にはまだ若くて量が少ない。


というコトは?



(むふふ…つづく…今年もひっぱれるだけひっぱります・笑)






....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

昨日5月5日は端午の節句。

節句と言ったら「モチ」




e0197895_1659519.jpg
…というワケで、今年もやっぱり柏餅 ♪





e0197895_16595426.jpg
今年はみそ餡(ピンク)とこし餡(白)だけにしました。
だって…草餅じゃないつぶ餡なんて…ねえ?






e0197895_16595822.jpg
大おかみが気を利かせてスズメの湯呑みを買ってくれましたよ。
ちゅん ♪






ところで





e0197895_170866.jpg
これな〜んだ?




かわいいでしょう?
柿の花なんです。(まだ蕾み)

例年、この時期に若い徒長枝がビュービュー伸びて
恐ろしいくらい茂るので、それをジョキジョキ切ってしまうんですが
ウチの柿がどうも実の付きが悪いのはそのセイじゃないか?
ということになりまして…。





e0197895_170579.jpg
今年は秋が終わるまで放置してみようと思います。

とっても甘い実がなるんですよ。この木。
例年10個くらいしか実が付きません。(笑)





まあ、柿の木の他にも
手を入れてやらなくてはならない木はたくさんあるわけで





e0197895_1701392.jpg
藤は花枝をすっかり切ったので
元気な徒長枝(ツル)がこれまたビュービュー伸びだしています。





そうそう、昨日の明け方は久しぶりに大きな地震が。
剪定の作業をしているときだけは、揺れないでもらいたいもんです。




地震が過ぎて、しばらくどきどきしていたら
池が妙に騒がしいので行ってみると





e0197895_1659725.jpg
呑気な金魚ズはラブラブ大会を
池のあちこちで繰り広げておりました。

↑大会の最中でも、足音がすると「なんだなんだ」と寄ってくる金魚ズ。




この右の明るい赤の金魚、やけに大きいと思いませんか?
買ってきた時はみんな同じくらいのサイズだったのに。





e0197895_16591133.jpg
オマケにこのコは鼻面が他のコよりも短くて
しっかりとひげが生えてるんです。




顔を見せてごらん。皆さんに見てもらうんだから。





e0197895_16591367.jpg
「呼んだ〜?」
鼻先にちょびっとだけ見えるでしょうか?おひげ。



ちかいよ、ちかすぎる。





ホントは鯉なんじゃないか?…こいつ。(笑)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0197895_21345824.gif【しつこくおねだり】

昨日の地震があった時間(am5:20頃)も、当然のように起きていたわけです。
am3:00〜5:00、昨年の秋までは平日の毎日、10月〜今年の3月は金曜日の早朝。
懐かしのポールモーリアやバタやん(田畑義夫)、昔の素敵な洋楽、
パンチの効いたブルーズ、沖縄やアフリカの音楽、
聴いたことのあるものも聴いたことがないものも。

音楽にすごく詳しいリスナーの問いかけも、自分のようにワケもわからず聴いてるリスナーの質問にも、
ていねいに面白く解説や探求をしてくれる宝箱みたいな番組です。

聴いたことのないあなた(←多分ほとんどの人・笑)にも、是非一度聴いてもらいたい!





↑番組を聴き続けるきっかけになった曲。
15分以上もあるこのライブ録音を、きっちり通してかけてくれる、
Mornin' Blues はそんな番組なのです。

非公開署名/仮名もOKです。人助けと思ってここはひとつ…!





....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

やっとお天気になって、フジはまさに満開。



e0197895_1226377.jpg
曇りの日とあんまりちがわない写真になっちゃった…(汗)






e0197895_1226781.jpg
フジの滝の中に顔を埋めると、息が苦しいほどのいい香りです。






e0197895_12262039.jpg
満開のフジ棚の下で、おかみさんがしつこく探しているものは…






e0197895_1226046.jpg
来た!(右端にご注目↑)

晴れていないと絶対やってこない
可愛いあのコたちが来てくれました!





【 恒例のご注意 虫が出ますよ!】


*虫が苦手な方は今日はここまで。また次の更新でお目にかかりましょう。
来てくださって、どうもありがとうございました!*







e0197895_12261320.jpg
「ぶぃーーーーん」




e0197895_12261642.jpg
「ミツミツミツ…」




クマンバチはメス1匹で巣作りから子育てまでするそうです。
お天気が少しでも悪い日は巣の近くで花を探して
子供たちを守ることに専念しているのかもしれませんね。





e0197895_12261164.jpg
すぐそばにいるこちらには目もくれません。
元々とても穏やかな性格なんです。たぶん。




今年もあえてとてもウレシイ。





さて、満開の花があまりに多くて重そうで
花房が集中しているところでは、内側の花房の先端が
下に向かって伸びられないところもあるほどなので
少し花を間引きました。






…で、


e0197895_12262528.jpg
軸からはずして

(ふっふっふっ…)




以前から読んでくださっている皆さん、
「ああ、また始まったな」と思いましたね?






e0197895_1226228.jpg
そのとおり  藤の花の和え物三品です。

左手前:塩ゆで鰹節添え 右手前:甘酢和え 奥:酢みそ和え

さっと湯通ししたとき、花は赤味を失って左手前のような青い色になります。
ンが!皆さんもご記憶にあるでしょう。
この赤い色は「アントシアニン」。
酸性で赤くなり、アルカリ性で青くなるという特性があるのです!
だから右手前と奥は赤く色が変わったんですね。

取り立てて美味というほどではないものの、
ほおばって噛み締めるとシャキシャキ、キュッキュッとした歯ごたえがここち良く
ほんのりとゆで豆のような香りと甘みがあり、風雅です。
ほほほほほ。






おかみさん「このきれいな花を砂糖衣にしてお菓子の飾りに…」

さてさて、以前から読んでくださっている皆さん、
「ああああ、また始まったな」と思いましたね?




e0197895_12262835.jpg
おかみさん「…………」


↑シバヅケじゃありませんよ。

レモン汁と砂糖をぐたぐたに煮詰めたところに湯通しした藤の花を投入。
サーーッと煮立てて冷まして結晶化…させるはずだったわけですよ。





e0197895_12263264.jpg
おかみさん「…………(涙)」



ミツが藤の色素で赤くなったとこまではよかったんですよ。
しかしね、
和え物にして食べた時の食感からは想像もつかないほどの
固くてスジスジの…のしいかをもっと固くしたようなものが
でき上がってしまったわけです。





「はあ…」




ホントに。
これだから料理はキライなんだ。
(↑自分で勝手にやっといて・涙)







....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]

先日出品したスリッポンのデザインで色違いを。


e0197895_1715873.jpg
コーラルピンクのスリッポンです。
お隣のおばちゃん用に編んだ24.5センチ。
背は低いんだけれど足は大きいのだ。おばちゃんは。



〈シスコ室内履きや〉カタログサイトに出品中。
レンタルボックスサイトminne(ミンネ)、フリーマーケットサイト tetoteにも出品中です。





色違いとはいえ、糸の種類が違うので太さが違う。
太さが違えば当然製図からの組直し。
(やれやれ)





e0197895_172364.jpg
実はこの色、件のヨウシュヤマゴボウで染めた色です。






e0197895_1721088.jpg
コーラルピンクは一昨年(2012年)の秋に染めた色。
染めたばかりの時は、黄色みの少ない濃いピンクでした。
半透明の衣装ケースの中に保管して約1年半。
次第に黄色みを帯びて明るい色合いに変化しています。







e0197895_172687.jpg
かかとのグレイは昨年(2013年)の秋に染めた淡いフジ色。
…ちょっとビックリするでしょう?
実は変色実験を兼ねて、濃いめの柔軟仕上げ剤に30分ほど漬けたんです。
赤味はほとんど消え、やや黄色みを感じるウォームグレイになりました。








e0197895_172059.jpg
色はこれからも少しずつ変わってゆきます。

多分、コーラルピンクは明るく、もう少し黄色が強く感じる色。
グレイも黄色が立ってくると思います。




こんな不安定な色なので、原価に染め代は入れませんでした。


今の色は今の色。
これからの色はこれからの色。

どちらも楽しんでいただける方があったらいいなあ…

と思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


久々のおまけは 恒例の】



ところで、何か忘れちゃいませんか?



昨日は3月3日。
おいしいおいしいひな祭りではありませんか!




e0197895_1722133.jpg
これがなくちゃね
(↑実は昨日はすっかり忘れており、今日買ってきて食べた・笑)



残念なことに、いつものおだんご屋さんは改装中でお休み。
初めてのお店で買ったら、桜の葉が固くて味も薄くて
ちょっといまいちなお味。

これは、新装開店になったら
いつものお店でリベンジしなくてはなりませぬ♨




今週はまだ気温が低い日が続くけれども
もう春だよ春だよ





e0197895_172248.jpg
e0197895_1722654.jpg




…と、荒れ庭のサンシュユも開き始めましたよ。




(それそれ、花見だ、草餅だ♪)








....................................................................................................................................................................................
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただけるとうれしいです◎


[PR]